内藤頼容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内藤 頼容(ないとう よりかた、寛政8年2月6日1796年3月14日) - 明治3年10月19日1870年11月12日))は、信濃国高遠藩内藤家の嫡子。

第6代藩主・内藤頼以の次男。長兄・頼敦の夭逝により嫡子となるが、のち廃嫡された。詳細は不明。代わって、弟の頼寧が嫡子となった。