内藤頼寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内藤 頼寛(ないとう よりひろ、元文3年(1738年) - 宝暦10年12月4日1761年1月9日))は、信濃国高遠藩内藤家の世嗣。信濃国岩村田藩主・内藤正敬の次男。母は板倉重高の娘。官位は従五位下、丹後守。

宝暦9年(1759年)、内藤頼由の養嗣子となって叙任されたが、翌年早世した。代わって、尾張藩徳川宗勝の十二男内藤頼多が養子として迎えられ、世嗣となった。