内貴甚三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内貴 甚三郎
ないき じんざぶろう
Naiki Jinzaburo.jpg
内貴甚三郎
生年月日 1848年11月16日
嘉永元年10月21日
出生地 京都府京都市
没年月日 (1926-07-09) 1926年7月9日(77歳没)
前職 地方公務員(京都市)
子女 内貴 清兵衛 - 長男

Flag of Kyoto City.svg 初代 京都市長
在任期間 1898年(明治31年)10月12日 - 1904年(明治37年)10月11日
テンプレートを表示

内貴 甚三郎(ないき じんざぶろう、1848年11月16日嘉永元年10月21日[1][2]) - 1926年大正15年)7月9日)は、日本の政治家、実業家。京都織物、京都商工銀行の取締役を歴任する。衆議院議員(1期、大同倶楽部)、初代官選京都市長、京都商業会議所会頭。

略歴[編集]

1848年(嘉永1年)10月、京都の呉服問屋『銭清』に生まれる。京都市会議員を経て、1888年明治31年)に初代官選京都市長に就任する。1904年(明治37年)に第9回衆議院議員総選挙に出馬し、当選する。

また、京都商業会議所の設立発起人に名をつらね、のち会頭となり、京都織物会社委員長、京都株式取引所肝煎、商工貯金銀行頭取、京都商工銀行・京都陶器会社の各取締役などを務め、京都財界四元老(浜岡光哲田中源太郎大澤善助)と称されたほか、京都法政学校の設立賛助員などを務めた[3]

著書[編集]

  • 京都市編纂部『京華要誌』京都市参事会、東枝律書房、1895年。NCID BA45706242 - 3冊 (上巻doi:10.11501/1209841)(下巻doi:10.11501/1209862)(附録doi:10.11501/1209877

登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第二十回帝国議会衆議院議員名簿』、1904年、2頁。
  2. ^ 衆議院議員名簿. 第1-28回帝国議会』衆議院事務局、1912年、136/412頁。doi:10.11501/9000932018年10月27日閲覧。
  3. ^ 出典: 『京都法政学校創立事務所 - その場所と人をめぐって -』 著・久保田謙次「立命館百年史紀要 第20巻」

参考文献[編集]

関連項目[編集]