内閣府特命担当大臣(地方創生担当)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 日本
内閣府特命担当大臣
(地方創生担当)
Minister of State for the Promotion of Overcoming Population Decline and Vitalizing Local Economy in Japan 
Go-shichi no kiri crest 2.svg
現職者
坂本哲志‬

就任日 2020年令和2年)9月16日
行政府
種類 国務大臣
内閣府特命担当大臣
所属機関 内閣
担当機関 内閣府
まち・ひと・しごと創生本部
任命 内閣総理大臣
菅義偉
初代就任 石破茂
創設 2015年10月7日
俸給 年額 約2,916万円[1]
ウェブサイト 大臣・副大臣・大臣政務官 - 内閣府

内閣府特命担当大臣(地方創生担当)(ないかくふとくめいたんとうだいじん ちほうそうせいたんとう、英語: Minister of State for the Promotion of Overcoming Population Decline and Vitalizing Local Economy in Japan[2])は、日本国務大臣内閣府特命担当大臣のひとつである。地方創生担当大臣と通称される。

概要[編集]

日本内閣府に置かれる内閣府特命担当大臣のひとつである。主として地方創生に関わる行政を所管する国務大臣である。まち・ひと・しごと創生本部(通称:地方創生本部)の副本部長を担う。内閣の担当大臣であったが[3]、地方創生の重要性と長期性に鑑みて第3次安倍第1次改造内閣より内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)を廃止し、代わって内閣府特命担当大臣として任命されることとなった[4]

旧来は、内閣官房に設置されており、内閣府特命担当大臣(地方創生担当)は、内閣府特命担当大臣ではなく、経済再生担当大臣海洋政策担当大臣拉致問題担当大臣等と同じく内閣の担当大臣として辞令されていた。

歴代大臣[編集]

氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考
国務大臣(元気で豊かな地方を創生するための施策を総合的に推進
するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当)
Gates meets Ishiba 8 November 2007 cropped for Ishiba.jpg 石破茂 第2次安倍改造内閣 2014年9月3日 2014年12月24日 自由民主党
第3次安倍内閣 2014年12月24日 2015年10月7日 自由民主党 再任
内閣府特命担当大臣(地方創生担当)
1 Gates meets Ishiba 8 November 2007 cropped for Ishiba.jpg 石破茂   第1次改造内閣 2015年10月7日 2016年8月3日 自由民主党
2 Kozo Yamamoto 200609.jpg 山本幸三   第2次改造内閣 2016年8月3日 2017年8月3日 自由民主党
3 Kajiyama hiroshi.jpg 梶山弘志   第3次改造内閣 2017年8月3日 2017年11月1日 自由民主党
4 第4次安倍内閣 2017年11月1日 2018年10月2日 自由民主党 再任
5 Satsuki Katayama (cropped).jpg 片山さつき   第1次改造内閣 2018年10月2日 2019年9月11日 自由民主党
6 Seigo Kitamura.jpg 北村誠吾   第2次改造内閣 2019年9月11日 2020年9月16日 自由民主党
7 坂本哲志 菅義偉内閣 2020年9月16日 現職 自由民主党
  • 特命担当大臣は複数名を任命することがあるため、通常は代数の表記は行わない。ただし、本表ではわかりやすさに配慮し、代数の欄を便宜上設けた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 主な特別職の職員の給与 - 内閣官房
  2. ^ List of Ministers|Prime Minister of Japan and His Cabinet
  3. ^ 第3次安倍内閣 閣僚名簿
  4. ^ 第3次安倍改造内閣 閣僚名簿