内陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

内陸(ないりく、: Endorheic)は、海岸から遠く離れた場所のこと[1]

概要[編集]

世界の内陸国

場所が地政学的な地方など範囲や領域を指す場合、その領域が海岸を持たない場合に内陸県、内陸地方、内陸国などと呼ぶ。その領域が「陸地に囲まれている」海岸の地形自体を表すとき、内海内湾などと呼ばれる。: Landlocked , Inland などの語も使われる。

一般に水系や内海とつながって流域を形成するが、特殊な地形条件により海と接続しない流域もあり、これを内陸流域: Endorheic basin)という。日本では火口湖堰止湖の周囲などのごく一部で見られる(富士五湖のうち西湖本栖湖精進湖、北海道の摩周湖、鹿児島県の池田湖[注 1]など)が、世界の大陸では内陸が大きく広がるため、乾燥地帯の盆地など広範囲に見られる。

関連項目[編集]

  • 「内陸」で始まる記事の一覧

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 池田湖は自然流出の河川はないが、灌漑用水として引水されている。

出典[編集]

  1. ^ コトバンク『内陸』 (デジタル大辞泉大辞林