円照 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

円照(えんしょう、生没年不詳)は、中国代の僧。姓は張氏、京兆府藍田県(陝西省西安市藍田県)の出身。

生涯[編集]

10歳の時に出家し、長安城内の西明寺で景曇に就いて修学し、併せて儒墨をも兼修した。成長すると蔵に精通し、開元中(713年 - 741年)には、玄宗の勅命を受けて、訳経事業にも参画した。

大暦13年(778年)には、新旧の四分律に関する疏を校定するために選ばれた14名の両京の律師の一人となり、四分律疏の定本となる『僉定四分律疏』10巻の編纂に関与した。

また、『開元釈教録』の続編として、一切経目録である『貞元新定釈教目録』30巻を編纂した。その他にも、多数の著述があったことが知られる。

貞元10年(794年)以降、享年82で、西明寺の別院で没したとされる。

伝記資料[編集]