円葉目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
円葉目
Echinococcus granulosus.JPG
単包条虫の成虫
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 条虫綱 Cestoda
亜綱 : 真性条虫亜綱 Eucestoda
: 円葉目
学名
Cyclophyllidea
van Beneden in Braun, 1900

本文参照

円葉目(えんようもく、Cyclophyllidea)は扁形動物門条虫綱に属する。おもに鳥類哺乳類を終宿主とする寄生虫からなる。条虫綱の中でも最大の多様性があり、16科437属3000種以上が認識されている[1]

形態[編集]

通常は頭節(scolex)に4つの丸い吸盤(sucker)があり、片節(proglottid)には後部に卵黄腺(vitellarium)、側部に生殖孔(genital pore)があることを特徴とする[1]

分類[編集]

論者によって異同あるが、以下16科が認識されている[1]

  • Acoleidae Fuhrmann, 1899
  • Amabiliidae Braun, 1900
  • 裸頭条虫科 Anoplocephalidae Blanchard1891
  • Catenotaeniidae Spasskii, 1950
  • ダベン条虫科 Davaineidae Braun, 1900
  • ジレピス科 Dilepididae Fuhrmann, 1907
  • Dioicocestidae Southwell, 1930
  • ディピリジウム科 Dipylidiidae Railliet, 1896
  • Gryporhynchidae Spasskii & Spasskaya, 1973
  • 膜様条虫科 Hymenolepididae Perrier, 1897
  • Mesocestoididae Perrier, 1897
  • Metadilepididae Spasskii, 1959
  • Nematotaeniidae Lühe, 1910
  • Paruterinidae Fuhrmann, 1907
  • Progynotaeniidae Fuhrmann, 1936
  • テニア科 Taeniidae Ludwig, 1886

系統関係[編集]

円葉目の内部の系統関係はまだ十分に検討されていないが、

  • Mesocestoididae科が基部に位置する[1]
  • Amabiliidae科とDioicocestidaeDioicocestinae亜科は近縁[1]
  • Progynotaeniidae科、Acoleidae科、DioicocestidaeGyrocoeliinae亜科は近縁[1]
  • 裸頭条虫科は少なくとも一部(Linstowiinae亜科)が単系統とならない[1]
  • 膜様条虫科と裸頭条虫科が比較的近縁[1]
  • テニア科が単系統とならない[2]

などの可能性が指摘されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Mariaux et al.. “Cyclophyllidea van Beneden in Braun, 1900”. In Caira and Jensen (eds.). Planetary Biodiversity Inventory (2008-2017): Tapeworms from Vertebrate Bowels of the Earth. University of Kansas, Natural History Museum. pp. 77-148. https://www.researchgate.net/profile/DTJ_Littlewood/publication/319136900_Cyclophyllidea_van_Beneden_in_Braun_1900/links/599426a60f7e9b98953ad5af/Cyclophyllidea-van-Beneden-in-Braun-1900.pdf 
  2. ^ Sharma et al. (2016). “Molecular phylogeny of Cyclophyllidea (Cestoda: Eucestoda): an in-silico analysis based on mtCOI gene”. Parasitol. Res. 115: 3329-3335. doi:10.1007/s00436-016-5092-4.