円谷一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

円谷 一夫(つぶらや かずお、1961年1月18日 - )は、元・円谷プロダクション名誉会長。東京都出身。祖父は円谷英二、父は円谷皐

来歴・人物[ソースを編集]

玉川大学文学部卒業後、1983年、円谷プロダクションに新卒入社。営業課長、営業部長をへて、1995年、円谷皐の死を受けて社長。2003年円谷昌弘に社長を譲り会長。2007年会長兼務で八代社長となるが、2008年解任、会長から名誉会長をへて、2009年退任[1]平成ウルトラシリーズ全般を監修。

実相寺昭雄のファン。好きなものは神戸市自動車。『ウルトラセブン』第43話「第四惑星の悪夢」に出演した女優歌手愛まち子とは知人[2]

小学生時代に『ウルトラセブン』に登場するウルトラホーク1号のことを作文に書いて、世田谷区の作文コンクールで優勝した経歴を持つ[2]

好きなウルトラ怪獣はキングジョータッコングツインテール

エピソード[ソースを編集]

  • 有言実行三姉妹シュシュトリアン』のファンで、ウルトラマンが登場した第40話「ウルトラマンに逢いたい」では、円谷プロの「一夫さん」として出演した。
  • 会社が経営危機に陥った際、経費節減策として長年会長室で飼い続けていた淡水フグを手放した。
  • ウルトラ愛の五つの誓い
社員やスタッフの結婚式で新郎に下記の5つの事柄を宣誓させる。
  1. 「奥さんを大切にする。」
  2. 「休日は家庭サービスに努める。」
  3. 「一年に一回は家族旅行をする。」
  4. 「ウルトラマンファミリーのように明るい家庭を築く。」
  5. 「子どもができたらウルトラマン好きにする。」
  • 『ウルトラマンティガ』と『ウルトラマンダイナ』では4本のストーリー原案も担当している。円谷は小学生時代に鵠沼に住んでおり、『ティガ』第46話「いざ鎌倉!」はその頃に好きになった江ノ電を出したいという想いから考えられた[3]
  • 円谷プロ以外での仕事を経験せず、父円谷皐から子飼いの役員を受け継いだ結果、ワンマン主義になったと従弟の円谷英明から指摘された[4]

出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

DVD[ソースを編集]

関連作品[ソースを編集]

プロデューサー[ソースを編集]

製作総指揮[ソースを編集]

監修[ソースを編集]

監修・製作[ソースを編集]

企画[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている』講談社現代新書
  2. ^ a b DVD『ウルトラセブン』VOL.12特典「ウルトラアベンディックス」より。
  3. ^ 「INTERVIEW 円谷プロダクション社長 円谷一夫」『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、38頁。雑誌コード:01844-04。
  4. ^ 円谷英明 『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』 講談社講談社現代新書〉、2013年、125-130頁。ISBN 978-4-06-288215-6。