円遵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

円遵(えんじゅん、延享3年(1746年)11月 - 文政2年10月22日1819年12月9日))は、江戸時代中期から後期にかけての浄土真宗(高田派)の。父は有栖川宮職仁親王の子音仁親王。祖父職仁親王の猶子となる。幼名は季宮。字は徳猷。号は無上上院など。

1753年宝暦3年)真宗高田派の本山である伊勢国専修寺に入り、1778年安永7年)同寺を継いだ。1797年寛政9年)専修寺内に勧学堂を創建し、学問の奨励に尽力した。