再会 (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

再会』(さいかい)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。1999年初演。

脚本・演出は石田昌也。石田のオリジナル作品の一つ。

これまでの上演[編集]

1999年 - 雪組公演(初演)
2002年 - 雪組公演
2009年 - 星組公演
  • 星組選抜メンバーで全国ツアーとして上演。
  • 形式名は「ミュージカル・プレイ」。
  • 併演は『ソウル・オブ・シバ!! -夢のシューズを履いた舞神-』

スタッフ[編集]

1999年[編集]

  • 作・演出:石田正也[4]
  • 作曲・編曲:西村耕次[1]
  • 編曲:鞍富真一[1]
  • 音楽指揮:岡田良機[1]
  • 振付:藍エリナ[1]
  • 装置:大橋泰弘[1]
  • 衣装:有村淳[1]
  • 照明:今井直次[1]
  • 小道具:伊集院徹也[1]
  • 効果:切江勝[1]
  • 口上指導:美吉左久子[1]
  • 演出助手:齋藤吉正[1]
  • 振付補:入江利明[1]
  • 装置補:新宮有紀[1]
  • 照明助手:藤野光明[1]
  • 舞台進行:赤坂英雄[1]
  • 舞台進行(東京のみ)[6]:藤村信一、波紫衛、福尾晋吾、宮脇学
  • 舞台美術:株式会社 宝塚舞台[1]
  • 制作[1]村上信夫、久保孝満
  • 演奏(宝塚のみ):宝塚管弦楽団[1]
  • 録音演奏(東京のみ):宝塚管弦楽団[6]

全国ツアーの日程[編集]

2002年[編集]

※出典は公演案内(宝塚歌劇・公式ページ)を参考にしている[7]

2009年[編集]

※出典は公演案内(宝塚歌劇・公式ページ)を参考にしている[8]

主な登場人物[編集]

  • ジェラール - モナコの一流ホテルの御曹司だが、今はニューヨークに暮らしている売れない小説家。
  • サンドリーヌ - モナコ図書館の文芸員。とっても堅物の性格。
  • マーク - ジェラールの友人で出版会社に勤務している。
  • スティーブ - ジェラールの友人で演劇プロデューサーをしている。
  • クードレイ - ジェラールの父。モナコの一流ホテルを所有している。
  • エマニュエル - クードレイの妻。後妻でジェラールの義理の母。
  • ピエール - クードレイとエマニュエルの息子で、ジェラールの義弟にあたる。ホテルのボーイ見習い。
  • ポーレット - マークの婚約者。

あらすじ[編集]

ジェラールはモナコの一流ホテルの御曹司だが、父の後を継ぐのを嫌い、小説家としてニューヨークで暮らしていた。出版会社に勤めるマーク、演劇プロデューサーのスティーブなど友人にかこまれて、小説はぱっとしないが、自由奔放で気楽な毎日を送っている。

マークはポーレットとの婚約が決まっていて、スティーブも既婚。結婚のよさを伝える二人だが、ジェラールは「過去の偉人もみんな独身で、気ままなのが一番。」とプレイボーイな生活スタイルをやめるつもりなど全くない。

そんなジェラールに業を煮やした父のクードレイは、モナコにジェラールを呼びもどし、後継ぎとして相応しいかどうかのテストをすると言い出す。

テストは、クードレイが指定した女性を口説いて一夜を共にして、その後捨てること。そして、その内容を小説にすること。という奇妙な物であった。もし、テストに合格しなければ全財産は、クードレイの後妻であるエマニュエルの間の息子で、今は父のホテルでボーイ見習いをしている義弟のピエールに譲るという。

ニューヨークではプレイボーイだったジェラールは、自分にとって女性を口説いて捨てるのは容易いことで、尚且つ小説が書いて成功すれば、財産も名声も手に入って一石二鳥と考え、そのテストに二つ返事で挑むこととなる。

指定された女性に会いにモナコの図書館へ行くと、そこにはモジャモジャ頭で三つ編み頭、牛乳瓶の底のようなメガネをかけた堅物の女性図書館職員がいた。この女性こそテストで指定された女性のサンドリーヌだった。プレイボーイのジェラールもさすがに困惑するものの、「モナコのガイドブックを作るのを手伝ってほしい」と嘘をついて、彼女に近づきモナコの街へ連れ出す。

ジェラールは、サンドリーヌを口説くことができるのか?テストに合格して財産と名声を手に入れられるのか?

主な配役[編集]

※不明点は空白とする。

主なキャスト
  1999年雪組 2002年雪組
全国ツアー
2009年星組
全国ツアー
ジェラール 轟悠[1] 朝海ひかる[5] 柚希礼音[9]
サンドリーヌ 月影瞳[1] 舞風りら[5] 夢咲ねね[9]
マーク 香寿たつき[1] 貴城けい[5] 凰稀かなめ[9]
スティーブ 汐風幸[1] 未来優希[5] 彩海早矢[9]
クードレイ 未沙のえる[1] 美郷真也[5] 英真なおき[9]
エマニュエル 五峰亜季 五峰亜季[5] 百花沙里[9]
ピエール 安蘭けい[1] 天勢いづる[5] 壱城あずさ[9]
アンドレ 成瀬こうき[1] 聖れい[5] 水輝涼[9]
ジャン 朝海ひかる[1] 天寿光希[9]
ミッシェル 貴城けい[1] 如月蓮[9]
ポーレット 貴咲美里[1] 愛耀子[5] 音花ゆり[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 90年史 2004, p. 96.
  2. ^ 90年史 2004, p. 99.
  3. ^ a b 90年史 2004, p. 96、99.
  4. ^ a b 90年史 2004, p. 96、100.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 152.
  6. ^ a b 90年史 2004, p. 100.
  7. ^ 2002年・公演案内(宝塚歌劇・公式ページ) 2015年6月19日閲覧。
  8. ^ 2009年・公演案内(宝塚歌劇・公式ページ) 2015年6月19日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 2009年・配役(宝塚歌劇・公式ページ) 2017年3月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。