再春 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

再春』(さいしゅん)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1979年2月号に『清張短篇新集』第10話として掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。

1986年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

鳥見可寿子は中国地方第一の都市に住んでいたが、東京の文学雑誌に出した小説が新人賞となり、続いてその年のある文学賞となった。土地のテレビは彼女を映し、地方紙はインタビュー記事を掲げた。冷やかし半分に妻の執筆を見ていた夫の敏雄だったが、その後も可寿子の小説が東京で好評を得たため、自身も東京本社に転勤する可能性が出てきたと言い、妻への気持ちが変わってきた。

そのうちに伝統ある競合雑誌からも原稿依頼が来たが、可寿子は書くべきテーマが浮かばなかった。焦った彼女は、知人でこの土地の名士である川添菊子に小説のヒントを求める。菊子夫人の友人の話題を素材にして、可寿子は小説「再春」を発表した。ところが…。

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス 隠花の飾り
再春
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:54
放送期間 1986年6月23日
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
監督 小田切成明
原作 松本清張『再春』
脚本 田中晶子
出演者 檀ふみほか
テンプレートを表示

1986年6月23日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張サスペンス 隠花の飾り」(22:00-22:54)の1作として放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張サスペンス・隠花の飾り
前番組 番組名 次番組
お手玉
(1986.6.16)
再春
(1986.6.23)
百円硬貨
(1986.6.30)