再生巨流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

再生巨流』(さいせいきょりゅう)は、楡周平による小説2005年新潮社から出版された。2011年3月6日には、WOWOWドラマWテレビドラマ化された。

概要[編集]

週刊新潮』で連載当時は「再生頭脳」という題名だったが、改題されて出版された[1]。物流業界の中で生きる熱い男たちの挫折と再生を描いた経済小説

書籍情報[編集]

  • 単行本:2005年4月発行、新潮社刊、ISBN 4104753017
  • 文庫版:2007年12月発行、新潮文庫刊、ISBN 9784101335711

ストーリー[編集]

スバル運輸新規事業開発部長の吉野は営業好成績を残しながらも、反感を持った上司たちと敵対関係になってしまう。逆境に立たされ打ちのめされるが、怪我が原因でプロの道を絶った経験を持つ元野球選手で現在はセールスドライバーの蓬莱と出会いによって突き動かされ、再生に向かって立ち向かっていく。

テレビドラマ[編集]

WOWOWドラマWで映像化され、2011年3月6日に放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注・注釈[編集]