冢田大峯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

冢田 大峯(つかだ たいほう、延享2年3月30日1745年5月1日) - 天保3年3月21日1832年4月21日))は、江戸時代後期の儒学者。折衷学派尾張藩儒臣。、通称は多門、字は叔貔(しゅくひ)。 大峯と号す。

信濃国善光寺町に儒医兼漢学者である冢田旭嶺(室鳩巣門下)の四男として生まれた。弟の慈延天台宗の僧侶。

宝暦10年(1760年)、16歳で江戸に出て、芝の増上寺の僧寮で独学で苦学力行し、諸家の注を折衷した独自の経典解釈で次第に名声を得た。天明元年(1781年)、細井平洲を介して尾張藩主徳川宗睦の侍講となる。天明5年(1785年)江戸で私塾「雄風館」を開く。

寛政異学の禁に対しては松平定信に三度上書して学問を朱子学に限ることの不当を論じ、古学の学問所を別に設置することを提言し、亀田鵬斎山本北山らとともに寛政の五鬼と称された。また、『滑川談』の出版によって、定信の倹約令などを批判し、広く知られることとなった。

文化8年(1811年)、藩校明倫堂督学に就き、学制の改革を進め、幕府が正学としていた朱子学注本を用いず、自注の講典による学風を広めた。

尾張藩士渡辺三郎兵衛美綱の三男が冢田愨四郎有志として大峯の養子となり、大峯の跡を継いだ。冢田有志は慶応4年(1868年)1月21日に尾張藩のお家騒動青松葉事件にて処刑された。

主著[編集]

  • 冢註論語
  • 冢註六記
  • 聖道弁物
  • 聖道得門
  • 聖道合語
  • 大峯文集
  • 大峯詩集

参考文献[編集]

  • 高瀬代次郎著『冢田大峯』(1919年 光風館)
  • 『大日本人名辞書』(1884年 経済雑誌社)
  • 水谷盛光著 『尾張徳川家明治維新内紛秘史考説 -青松葉事件資料集成-』