冥伏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

冥伏(みょうぶく)は、生命が単に生物がもつ特徴ではなく、宇宙自体が生命の存在であり、法則に貫かれたものであるとする理論から、現在の科学の枠を遥かに超えて、無機物も生命存在であると認識したときに、の状態を説明する一つの概念。生の状態を生命の顕現状態とするなら、冥伏は生命の死の状態となる。しかし、これは決して一般的な死の概念ではなく、条件が整えば生に転換する可能性を秘めた眠りのような状態であり、死そのものである。

関連項目[編集]


執筆の途中です この「冥伏」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めています(Portal:哲学)。