冨宅正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
冨宅 正浩
ふけ まさひろ
生年月日 (1975-10-24) 1975年10月24日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府柏原市
出身校 立命館大学法学部
所属政党無所属→)
大阪維新の会
公式サイト ふけ正浩 OFFICIAL HOME PAGE

当選回数 2回
在任期間 2017年3月11日 - 現職

Flag of Kashiwara Osaka.svg 柏原市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2013年9月30日[1] -
テンプレートを表示

冨宅 正浩(ふけ まさひろ、1975年昭和50年〉10月24日 - )は、日本政治家大阪府柏原市市長(1期)。柏原市議会議員(1期)。

略歴[編集]

大阪府柏原市出身。大阪市にある私立追手門学院小学校茨木市にある追手門学院中学校同高等学校卒業。大学受験予備校を経て[2]立命館大学法学部卒業。2001年平成13年)4月、八尾市役所に就職した[2]

維新政治塾の第1期生(2012年度)修了[3]2013年(平成25年)9月の柏原市議会議員選挙に初当選した。

2015年(平成27年)9月、同じ大阪維新の会の顧問で市長1期目の中野隆司が女性問題をめぐり[4][5]市議会から問責決議を受ける。翌2016年(平成28年)12月26日、冨宅は翌年に行われる柏原市長選挙に大阪維新の会の推薦で出馬する意向を表明した[6]

2017年(平成29年)2月12日の柏原市長選挙に中野は出馬せず新人4候補の争いとなった。前回も立候補した元市議で清掃会社経営の女性[7]日本共産党推薦の市民団体役員、そして自由民主党推薦の友田景らを破り、冨宅が初当選した(投票率43.38%[8])。3月11日、市長に就任[1]

2021年、無投票で再選。

人物[編集]

浪人生だった1995年阪神・淡路大震災が発生。同じ予備校生の中に、大学受験を翌年に先送りして神戸でボランティア活動を行った人がいたが、「私はあのとき何もできなかったという後悔を持っていて」、災害に強いまちづくりをやりたいと公務員になった。その後、2011年東日本大震災では、役職に就いていたため被災地に応援に行けず、公務員の仕事に限界を感じ、政治の力で災害に強いまちを作りたいという思いから、政治家の道へ進んだという[2]

市長として「次世代にツケを回さない安定した市政運営」を掲げ、就任後の2017年9月、市財政難の解消の一助として、市長の公用車をYahoo! JAPANの官公庁オークションに出品。2011年トヨタ・クラウン「ロイヤルサルーン」の黒塗りオートマチック(AT)車で、走行距離は約1万4,500km。予定価格108万円以上だった[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

公職
先代:
中野隆司
Flag of Kashiwara Osaka.svg大阪府柏原市長
2017年 -
次代:
現職