冨田裕樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
冨田 裕樹
とみた ひろき
生年月日 (1976-08-04) 1976年8月4日(44歳)
出身校 立命館大学経営学部
京都大学公共政策大学院
前職 広告代理店社長
足立康史衆議院議員公設第一秘書
不動産業[1]
現職 池田市長
所属政党大阪維新の会→)
無所属
公式サイト 冨田ひろきオフィシャルウェブサイト

Flag of Ikeda, Osaka.svg 第22代池田市長
当選回数 1回
在任期間 2019年4月23日[2] - 現職

当選回数 1回
在任期間 2015年4月 - 2019年4月
テンプレートを表示

冨田 裕樹(とみたひろき、1976年8月4日 - )は、日本政治家大阪府池田市長(1期)、元大阪維新の会顧問。元池田市議会議員(1期)。

来歴[編集]

関西大倉高等学校から立命館大学経営学部に進学[3]。高校時代からアメリカンフットボールを始め、大学でも立命館大学パンサーズに所属し、椎間板ヘルニアの負傷からリハビリで復帰した経験を持つ[3]

大学卒業後は広告代理店、次いで重度障がい者自立支援事業所の運営にあたる[3]大阪維新の会による「維新政治塾」に一期生として参加後、足立康史公設第一秘書を経て、2015年池田市議会議員に当選[3]。この間、京都大学公共政策大学院で政治学・国際関係学を学び、2016年3月に修了した[3]

2019年4月の池田市長選挙に大阪維新の会の公認で立候補する[4][5]。市長選挙では報酬の30%カットや事業見直しを公約に掲げた[5]。対立候補(前市長倉田薫の子息)に対する「世襲」批判票も取り込み、5000票近い差を付けて当選した[4]。4月23日の初登庁では、職員訓示の中で市内への大学設置を構想として述べた[6]

不祥事[編集]

市長就任後、私物の自転車型トレーニング器具やストレッチ器具などを市庁舎内の市長控室に持ち込んで使用していたほか、2020年9月には自宅にあった簡易サウナを事務所スタッフらとともに市長室付近の普段は使われていない女子トイレに搬入し使用していた事を同年10月にデイリー新潮が報じた[7]。冨田はその後記者会見を行い、「ヘルニアなどで腰などを痛めており、リハビリなどのためだった」と釈明したうえで「公私混同と思われる行動だった」と謝罪、器具などの使用にかかった光熱費を算出し返金する意向を示した[8][9]

11月17日に冨田はサウナの利用に使った電気使用料690円を13日付で市に返金したと発表した[10]。さらに同月19日には冨田が退勤後東大阪市内にある妻の実家に帰るなどしたタクシーチケット代約16万円も電気代と合わせて返金していたことが明らかとなり、冨田は「通勤に準ずるものと理解していたが、公私混同というところを見つめ直した」と釈明した[11]

議会側は「一連の報道を受け、看過できない」として維新会派を除く全会派が百条委員会の設置案を共同提出し、11月26日の市議会臨時会で維新系4人と議長を除く17人の賛成で可決された[12]。その後、「一身上の都合」として同日付で大阪維新の会を離党した[13]

2021年1月13日に百条委が開かれ、この中で秘書課長は7月中旬ごろに冨田から指示を受け同課宛てに送られてきたベッドを組み立てたことを明らかにし、「本意ではなかったが、そうせざるを得なかった」と述べた。また、百条委は不適切な庁舎利用問題のほかに市職員に対するパワーハラスメント疑惑などについても調査を進めており、渡辺千芳委員長は市職員800人に対して行われた情報提供を求めるアンケートの結果、「パワハラの実態が浮き彫りになった」と指摘した[14]。2月24日に開かれた百条委では、新型コロナウイルス感染症に関わる緊急の用件で担当職員が市長室を訪ねた際、控室として利用されている女子トイレから大音量の音楽が流れており、職員がノックをすると『今大事なことをしているので15分待って』と言われたことなどが明らかとなり、冨田はこれに対し「サウナで体調管理していたと思う。イメージトレーニングをして今後の市政などについて考えていた」と述べ、業務に支障はなかったとの認識を示した[15]

脚注[編集]

  1. ^ “’19統一地方選:市長選立候補者 /大阪”. 毎日新聞. (2019年4月20日). https://mainichi.jp/articles/20190420/ddl/k27/010/472000c 2020年10月23日閲覧。 
  2. ^ 各選挙の任期満了池田市
  3. ^ a b c d e 冨田ひろきオフィシャルウェブサイト
  4. ^ a b “抜き打ち「世襲」裏目 池田市長選”. 朝日新聞. (2019年4月23日). https://www.asahi.com/articles/CMTW1904232800001.html 2019年5月1日閲覧。 
  5. ^ a b “大阪・池田市長の“世襲”に「待った」 足立議員が強調する大阪W選との違い”. 東京スポーツ. (2019年4月4日). https://www.tokyo-sports.co.jp/social/1334937/ 2019年5月1日閲覧。 
  6. ^ “大阪・池田市の冨田新市長が初登庁 大学設置に意欲”. 産経新聞. (2019年4月24日). https://www.sankei.com/west/news/190424/wst1904240008-n1.html 2019年5月1日閲覧。 
  7. ^ “家庭用サウナ持ち込み市長“電気代690円”を返還”. 毎日放送. (2020年11月17日). https://www.mbs.jp/news/kansainews/20201117/GE00035779.shtml 2020年11月19日閲覧。 
  8. ^ “大阪府池田市長が役所内にサウナ持ち込み使用 「体調管理のため」 運動器具も”. 毎日新聞. (2020年10月23日). https://mainichi.jp/articles/20201023/k00/00m/040/274000c 2020年10月23日閲覧。 
  9. ^ “市庁舎にサウナ設置で謝罪 池田市長「持病リハビリ」”. 日本経済新聞. (2020年10月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65405540T21C20A0AC8000/ 2020年10月23日閲覧。 
  10. ^ “役所にサウナ持ち込んだ大阪府池田市長 返還した電気代は690円”. 毎日新聞. (2020年11月17日). https://mainichi.jp/articles/20201117/k00/00m/040/126000c 2020年11月19日閲覧。 
  11. ^ “サウナ使用分の電気代返還した大阪府池田市長、タクシー代16万円も返還”. 毎日新聞. (2020年11月19日). https://mainichi.jp/articles/20201119/k00/00m/040/317000c 2020年11月19日閲覧。 
  12. ^ “池田市長サウナ設置問題で百条委設置 市議会”. 朝日新聞. (2020年11月27日). https://www.asahi.com/articles/ASNCV72DNNCTPPTB004.html 2020年11月27日閲覧。 
  13. ^ “市役所内にサウナ設置の市長、「一身上の都合」で大阪維新の会離党”. 読売新聞. (2020年11月30日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201130-OYT1T50103/ 
  14. ^ “池田市長サウナ問題 秘書課長「ベッド組み立てた」”. 産経新聞. (2021年1月13日). https://www.sankei.com/west/news/210113/wst2101130015-n1.html 2021年1月18日閲覧。 
  15. ^ “市長「サウナで市政イメトレ」大阪・池田市議会百条委で証人尋問”. 毎日新聞. (2021年2月24日). https://mainichi.jp/articles/20210224/k00/00m/040/195000c 2021年2月25日閲覧。 
公職
先代:
倉田薫
Flag of Ikeda, Osaka.svg大阪府池田市長
2019年 -
次代:
現職