冨金原徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冨金原 徹 Football pictogram.svg
名前
愛称 とおる
ラテン文字 Toru FUKINBARA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-18) 1982年10月18日(35歳)
出身地 神奈川県
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション ゴレイロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
バルドラール浦安
2008-2011 湘南ベルマーレ
2011-2016 デウソン神戸
2016-2018 シュライカー大阪
代表歴
2011-  日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

冨金原 徹(ふきんばら とおる、1982年10月18日 - )は、神奈川県出身の元フットサル選手。ポジションはゴレイロフットサル日本代表日本体育大学卒業。機動力に定評がある。

経歴[編集]

神奈川県出身。神奈川県立金井高等学校日本体育大学卒業。2007年にFリーグが発足すると湘南ベルマーレに加入。2007年シーズン開幕戦のバサジィ大分戦でデビュー。2010-11シーズンは22試合出場2得点。

2009年にミゲル・ロドリゴ日本代表の監督に就任すると、東アジアフットサル選手権2009に出場。この大会で日本代表は若手を積極的に招集しており、冨金原の他には藤原潤篠田龍馬が選ばれた。2010年には川原永光、藤原とともに2010 AFCフットサル選手権に出場。2012年には川原、藤原とともに2012 FIFAフットサルワールドカップに出場。鈍足の川原が絶対的な守護神だったが、ウクライナ戦では起動力やスローイングを買われ、パワープレー時に小曽戸允哉(FP)と併用された[1]

2011年にデウソン神戸に移籍。2013年にはスペインに短期留学した。2015年10月9日、府中アスレティックFC戦でFリーグ通算200試合出場(23人目)を達成した[2]

2016年4月1日、シュライカー大阪に移籍した[3]。2018年に現役引退した。

所属クラブ[編集]

サッカー[編集]

フットサル[編集]

代表選出歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2008-09 湘南 17 Fリーグ ?? ?
2009-10 ?? ?
2010-11 ?? ?
2011-12 神戸 1 ?? ?
2012-13 ?? ?
2013-14 33 0
2014-15 28 1
2015-16
通算 日本 Fリーグ
日本
総通算

脚注[編集]

参考[編集]