冷泉持為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
冷泉持為
時代 室町時代中期
生誕 応永8年(1401年[1]
死没 享徳3年9月1日1454年9月22日
改名 亀若丸(幼名)→持和→持為
別名 下冷泉持為、正字:持爲
官位 正三位権大納言
主君 称光天皇後花園天皇
氏族 下冷泉家
父母 父:冷泉為尹
兄弟 為之、為員、持為
春芳院、政為、男子
テンプレートを表示

冷泉 持為(れいぜい もちため)は、室町時代中期の公卿歌人権大納言冷泉為尹の子。官位正三位・権大納言。下冷泉家の祖。

経歴[編集]

応永8年(1401年)、冷泉為尹の次男(または三男)として誕生。

後小松天皇や4代将軍足利義持の寵愛を受け、「持」の偏諱を受け持和を名乗る(後に持為と改名)。応永29年(1422年正五位下永享元年(1429年従四位下に叙せられる。しかし6代将軍となった足利義教には忌避され、後小松院崩御後の永享6年(1434年)に出仕を止められた[2]嘉吉元年(1441年)に義教が暗殺されると復帰して、翌嘉吉2年(1442年)従四位上に叙せられる。

左近衛中将を経て、文安5年(1448年)に従三位に叙せられて公卿に列す。翌文安6年(1449年)2月に参議に任ぜられ、改元して宝徳元年閏10月27日に侍従を兼ねた。宝徳2年(1450年正三位播磨権守に叙任。宝徳3年(1451年権中納言に任ぜられた。しかし、宝徳4年(1452年)権中納言を辞任して治部卿に転じる。享徳3年(1454年)8月より病となり、権大納言に任ぜられるが、その翌日に病を理由に出家。9月1日、54歳で薨去した[1]

人物[編集]

歌人として活躍し、門弟に一条兼良や木戸孝範、中原康富等がいる。嘉吉3年(1443年)、兼良主催の前摂政家歌合ほか、多くの歌合への出詠が知られる。家集に『持為卿詠草』、『為富集』、著書に『古今和歌集解』、『古今和歌集抄』がある。

官歴[編集]

※以下、註釈の無いものは『公卿補任』の記載に従う。

  • 応永29年(1422年)正月5日:正五位下に叙す[3]
  • 永享元年(1429年)-月-日:従四位下に叙す[3]
  • 嘉吉2年(1442年)正月5日:従四位上に叙す[3]
  • 文安5年(1448年)正月11日:従三位に叙す。
  • 文安6年/宝徳元年(1449年)2月16日:参議に任ず。閏10月27日:侍従を兼ぬ。
  • 宝徳2年(1450年)3月29日:播磨権守を兼ぬ。-月-日:正三位に叙す。
  • 宝徳3年(1451年)3月26日:権中納言に任ず。
  • 宝徳4年(1452年)2月17日:権中納言を辞す。-月-日:治部卿に任ず。
  • 享徳3年(1454年)8月16日:権大納言に任ず。8月17日:出家。9月1日:薨去。享年54。

系譜[編集]

  • 父:冷泉為尹
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 女子:春芳院 - 藤大納言局、足利義政の家女房
    • 男子:冷泉政為(1446-1523) - 足利義政の偏諱を受ける、初名は成為
    • 男子:相国寺僧

脚注[編集]

  1. ^ a b 『冷泉家譜』によると、応永9年(1402年)の生まれで、享年53とするが、一次史料の『康富記』を始めとする諸史料の記載に従った。
  2. ^ 薩戒記永享6年6月12日条。
  3. ^ a b c 『冷泉家譜』(東京大学史料編纂所所蔵)。

出典[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年