処刑人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
処刑人
The Boondock Saints
監督 トロイ・ダフィー
脚本 トロイ・ダフィー
製作 クリス・ブリンカー英語版
ロバート・N・フリード英語版
ジェームズ・ジャックス
エリー・サマハ
ロイド・セーガン英語版
製作総指揮 アショク・アムリトラジ
ドン・カーモディ
デヴィッド・デラ・ロッコ
アンドリュー・スティーヴンス
出演者 ウィレム・デフォー
ショーン・パトリック・フラナリー
ノーマン・リーダス
音楽 ジェフ・ダナ
撮影 アダム・ケイン英語版
編集 ビル・デロンド
製作会社 フランチャイズ・ピクチャーズ英語版
ブルード・シンジケート
配給 アメリカ合衆国の旗 インディカン・ピクチャーズ英語版
日本の旗 JET
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年2月21日
日本の旗 2001年2月17日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $411,874[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $30,471[1]
次作 処刑人II
テンプレートを表示

処刑人』(しょけいにん、The Boondock Saints, 「路地裏の聖人達」の意)は1999年アメリカ合衆国犯罪映画。監督はトロイ・ダフィー。主演はショーン・パトリック・フラナリーノーマン・リーダスPG-12指定。法で裁けぬ悪人たちを制裁する兄弟を描いてカルト的人気となり[3]、2009年には続編『処刑人II』が公開された。

概要[編集]

本作はコロンバイン高校銃乱射事件の影響で、1週間限定で5つの劇場のみの限定劇場公開をされた。映画は批評家から酷評のレビューがほとんどだったが、国内のビデオ販売で約5,000万ドルを稼ぎ、カルト的人気作となった。

ストーリー[編集]

ボストンの裏路地に住むアイルランド系の双子マーフィー・マクマナスコナー・マクマナスは、敬虔なカトリック教徒である。聖パトリックの祭日、二人はあることがきっかけでロシアン・マフィア達と大喧嘩。翌日二人の住居に乗り込んできたロシアン・マフィア達を返り討ちにし、殺害してしまう。FBIのスメッカー捜査官は取り調べの結果、正当防衛を認めるも、彼らを英雄視するマスコミの目を逸らすために、二人を拘置所に泊まらせる。その深夜、拘置所で眠っていた二人は同時に同じ「神の啓示」を受ける。「悪人は殺しても構わない」というその啓示に従い、警察から釈放された二人はボストンの町を悪行から守るべく、次々と街の悪人を殺害して行く。 そんな中、マクマナス兄弟の友人でパパ・ジョー率いるイタリアン・マフィアの使い走りをしているロッコが、二人が悪人退治の張本人だと偶然知ることとなり、彼は進んで仲間に加わる。一方で危機感を持ったパパ・ジョーが、伝説の殺し屋イル・ドゥーチェを雇い、収監先から出して彼らに差し向けていた。マクマナス兄弟とロッコがある悪人を殺害して戸外へ出ると、待ち伏せていたイル・ドゥーチェから襲われる。傷を負った三人は辛くもその場から脱出する。 また捜査側では、スメッカーが天才的なプロファイル能力を活かして、連続殺人はプロの犯罪者ではなく素人の所業であると看破。彼は一連の事件の実像を解き明かすうちに、マクマナス兄弟とロッコの関与を疑い始めるが、悪人を法によらず始末する行為に次第に共感を抱き始める。 マクナマス兄弟達はパパ・ジョーのマフィア組織を壊滅させるべく、その本拠に忍び込む。しかしそれは罠で、マクナマス兄弟は捕まり、ロッコはパパ・ジョーによって殺されてしまう。パパ・ジョーが去った後で、事態を察知したスメッカーが駆けつけて組織の戦闘員を数名倒すが、イル・ドゥーチェによって昏倒させられる。縛めを解いたマクナマス兄弟がロッコに弔いの祈りを捧げていると、イル・ドゥーチェがその部屋に入って来て、彼を迎え撃とうとした兄弟に代わって祈りの続きを朗誦する。彼の正体は兄弟の父親だったのだ。 三か月後、パパ・ジョーは三度目の裁判に出廷していた。そこへマクナマス父子が現れ、廷内の人々や生中継のテレビカメラ、そして三人の行為を黙認するスメッカーの眼前で悪を根絶やしにすると宣言し、パパ・ジョーを射殺する。この出来事を報じたメディアは三人を「聖人たち」と形容するのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
コナー・マクマナス ショーン・パトリック・フラナリー 山路和弘
マーフィー・マクマナス ノーマン・リーダス 宮本充
ポール・スメッカー ウィレム・デフォー 江原正士
イル・ドゥーチェ ビリー・コノリー 池田勝
ロッコ デヴィッド・デラ・ロッコ英語版 中田和宏
ドリー刑事 デヴィッド・フェリー英語版 長克巳
ダッフィー刑事 ブライアン・マホニー 田中正彦
グリーンリー刑事 ボブ・マーレイ英語版 水野龍司
署長 リチャード・フィッツパトリック 石波義人
イワン・チェコフ スコット・グリフィス 北川勝博
チャフィー マシュー・チャフィー 浜田賢二
ラングレー ロバート・イートン 大川透
ドク ジェラルド・パークス英語版 辻親八
ミッチェル ジョナサン・ヒギンズ 仲野裕
パパ・ジョー・ヤカヴェッタ カーロ・ロータ 宝亀克寿
ヴィンチェンツォ・リパッツィ ロン・ジェレミー 天田益男
ドナ ローレン・ピーチ 児玉孝子
オーガスタス カーメン・ディステファノ 糸博
アイルランド人の銃の売人 トム・バーネット 浜田賢二
判事 アンソニー・クリソストモス 辻親八

製作[編集]

トロイ・ダフィー監督はバーテンダー時代に書いた脚本[4]ミラマックスハーヴェイボブのワインスタイン兄弟と契約し、タランティーノ2号としてデビューするはずだったが、ダフィーはミーティングをすっぽかしたり、ワインスタイン兄弟に対する暴言等で、ミラマックスから契約解除を受け、ダフィー本人の金や借金で本作を製作することになった。

各国のレイティング[編集]

詳細は映画のレイティングシステムを参照。

  • アメリカ:R(17歳未満保護者同伴必須)
  • 日本:PG-12 - 12歳未満保護者同伴推奨
  • ドイツ:18
  • イギリス:18
  • 韓国:18 - 一部のシーンをカット
  • オランダ:16
  • スペイン:18
  • ニュージーランド:R18
  • オーストラリア:R(18禁) - 劇場公開審査
  • オーストラリア:MA(15禁) - TV放映審査
  • スウェーデン:15
  • アイスランド:16
  • フィンランド:K-16 - 一部のシーンをカット
  • フィンランド:K-18 - ノーカット版
  • シンガポール:R21 - 一部のシーンをカット
  • カナダ:18A - 18歳未満保護者同伴必須

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、28件の評論のうち、高く評価しているのは25%にあたる7件にとどまっており、平均して10点満点中4.24点を得ている[5]Metacriticによれば、4件の評論のうち、高評価は1件、賛否混在は2件、低評価は1件で、平均して100点満点中44点を得ている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b The Boondock Saints” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ The Boondock Saints” (英語). The Numbers. 2010年5月8日閲覧。
  3. ^ 処刑人II”. WOWOW. 2020年4月19日閲覧。
  4. ^ Finch, Amy (November 2, 1998). “Boondock Saints”. filmvault.com. http://www.filmvault.com/filmvault/boston/b/boondocksaints1.html . Retrieved March 30, 2009 (Boston Phoenixより再発刊)
  5. ^ The Boondock Saints (1999)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ The Boondock Saints Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月19日閲覧。