凪待ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
凪待ち
監督 白石和彌
脚本 加藤正人
製作 椎井友紀子
赤城聡
製作総指揮 木下直哉
出演者 香取慎吾
恒松祐里
西田尚美
吉澤健
音尾琢真
リリー・フランキー
音楽 安川午朗
撮影 福本淳
編集 加藤ひとみ
製作会社 「凪待ち」FILM PARTNERS
配給 キノフィルムズ
公開 日本の旗 2019年6月28日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億円[1]
テンプレートを表示

凪待ち』(なぎまち)は、2019年6月28日公開の日本映画。監督は白石和彌、主演は香取慎吾[2]

人生につまづいた男がパートナーの女性とその娘とともに再出発を図るが、やがて取り返しのつかない事態を招いてしまう「喪失と再生」をテーマにしたオリジナルストーリー[3]

映画の舞台は宮城県石巻市で、撮影は2018年6月から7月にかけて行われた[2]

ストーリー[編集]

ギャンブル好きの郁男はリストラで印刷所を解雇される。それを機に、郁男は、恋人亜弓の故郷の実家に、亜弓とその娘・美波と移り住む。そこで、亜弓の父・勝美の友人、小野寺の周旋で印刷所に職を得た郁男は、ギャンブルからも足を洗い、まっとうな生活に戻るかと思われたが、職場の仲間が通うノミ屋にまた通い始める。郁男がまたギャンブルにのめりこみ始める中、亜弓と美波が親子喧嘩をする。飛び出したとき、美波の帰りが遅くなり、心配した亜弓郁男は、美波を捜すが美波への対応について、そこでいさかいを起こし、離れ離れになってしまう。やっと美波を探し当てた郁男だったが、同じとき、亜弓は何者かによって殺されていた。犯人と疑われた郁男は、職場の仲間ともめて会社も解雇されてしまう。自暴自棄になった郁男はさらに借金でギャンブルを続けるが負け続ける。そんな郁男に、漁師の勝美は自分の船を売って作った金を渡して「この金で身辺をきれいにしろ!」という。しかし、その金までギャンブルにつぎ込み無一文になってしまう郁男。祭りの夜、泥酔した郁男は、町のごろつきに半殺しの目にあうが、そこを小野寺に救われる。小野寺の職場で働き始めた郁男だったが、そのころ亜弓殺害の犯人が判明する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:白石和彌
  • 脚本:加藤正人
  • 音楽:安川午朗
  • 製作総指揮:木下直哉
  • プロデューサー:椎井友紀子、赤城聡
  • 音楽プロデューサー:津島玄一
  • 撮影:福本淳
  • 美術:今村力
  • 照明:市川徳充
  • 録音:浦田和治J.S.A.
  • 編集:加藤ひとみ
  • 音響効果:柴崎憲治(J.S.A.)
  • 装飾:京極友良
  • 衣装:高橋さやか
  • ヘアメイク:有路涼子
  • VFXスーパーバイザー:小坂一順
  • 助監督:小野寺昭洋
  • ポスターデザイン:三田和男
  • 配給:キノフィルムズ
  • 製作:「凪待ち」FILM PARTNERS

受賞[編集]

小説[編集]

脚本の加藤正人によるノベライズ光文社文庫から発売された[6]

  • 凪待ち(2020年2月5日、加藤正人)ISBN 978-4-334-77977-1

脚注[編集]