凸面鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
凸面鏡の一例(サイドミラー
凸面鏡の一例(カーブミラー

凸面鏡(とつめんきょう、: convex mirror)は、湾曲した曲面の外側を鏡面としたである。鏡像が縮小され、小さな面積で広い範囲の風景を映すことができるため、自動車バイクバックミラーカーブミラー、小型の化粧鏡などに使われる。ただし、そのために鏡像は小さく見え、後続車が実際より遠方にあるとの誤解を招きやすい。例えば自動車の場合、フェンダーミラーが凸面鏡ならルームミラーは平面鏡を用いるなどして各ミラーの得失を補っており、その両方を確認することが推奨されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]