出井敏博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
出井 敏博
埼玉西武ライオンズ #120
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県小山市
生年月日 (1997-04-29) 1997年4月29日(23歳)
身長
体重
185 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 育成ドラフト1位
年俸 400万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

出井 敏博(いでい としひろ、1997年4月29日 - )は、栃木県小山市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

小学校3年生より野球をはじめ、5年生から投手を務めるようになる[2]。小中学校時代はエースとして活躍し、進学した埼玉栄高校[3]でも、1年生秋からエースナンバーを背負った[2]。高校卒業後は神奈川大学に進学[3]。しかし、硬式野球部では周りの選手のレベルの高さに圧倒され、野球を辞めようと何度も考えるようになった[2]。それでも踏みとどまり、主にリリーフでの起用で大学時代を過ごした[2][4]

2019年10月17日に行われたドラフト会議において埼玉西武ライオンズから育成ドラフト1位で指名され、11月21日に支度金350万円、年俸400万円にて入団合意した[4]。背番号は120

選手としての特徴・人物[編集]

ストレートの最速は143km/h[4]フォークが武器[3]。185cmと高身長であるが、体重が増えないのが弱み[5]。そのため、西武入団後は食事とウエートトレーニングに力を入れている[6]。自身によればコントロールとフィールディングも優れている[7]

神奈川大学在籍時の3学年上に濵口遥大がおり、実際に所属がかぶったのは1年間だけだったものの、濵口の野球に対する取り組みに大きく影響されたという[2]。西武入団後は1歳年下の今井達也を目標にしたい存在としている[6]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 120 (2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e 篠崎有理枝 (2020年9月25日). “「何度も辞めようと思って…」西武育成1位・出井を奮い立たせたDeNA左腕とは”. Full-Count: p. 1. https://full-count.jp/2020/09/25/post910686/ 2020年10月29日閲覧。 
  3. ^ a b c “埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する出井 敏博さん”. タウンニュース. (2019年11月7日). https://www.townnews.co.jp/0117/2019/11/07/505161.html 2020年2月23日閲覧。 
  4. ^ a b c “西武育成1位の出井、千賀目標にエースへ這い上がる!「フル回転できる投手に」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年11月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/21/kiji/20191121s00001173358000c.html 2020年2月23日閲覧。 
  5. ^ “西武、育成1位・出井と入団合意 先輩DeNA浜口と対戦希望「いつか投げ合いたい」”. fullcount. (2019年11月21日). https://full-count.jp/2019/11/21/post612410/ 2020年2月23日閲覧。 
  6. ^ a b 篠崎有理枝 (2020年9月25日). “「何度も辞めようと思って…」西武育成1位・出井を奮い立たせたDeNA左腕とは”. Full-Count: p. 2. https://full-count.jp/2020/09/25/post910686/2/ 2020年10月29日閲覧。 
  7. ^ “西武が新入団選手発表会を実施!ドラ1宮川「打撃に負けないくらいの投手力を」”. baseball king. (2019年12月12日). https://baseballking.jp/ns/212117 2020年2月23日閲覧。 

関連項目[編集]