出囃子 (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出囃子(でばやし)とは、主に、お笑いにおいて芸人が舞台へ登場する際にかかるテーマソングのことである。落語の出囃子の流れを汲んで、現代のお笑いでも定着している。

出囃子の曲について[編集]

出囃子に用いる曲は、演じる芸人が自分の好きな音楽にする場合が多い。昔の漫才師落語家と同じく三味線の囃子で舞台に出た(中田ダイマル・ラケットの「拳」や、三人奴の「奴さん」など)が、現代では主に音源を使っており、洋楽ポップスを採用することも一般化している。中には、『キングコングのテーマ』を使用していたキングコングのように、芸名のイメージや芸風で出囃子を決めたり、オリジナルの楽曲を作成する芸人もいる。

所属事務所に複数の劇場がある場合、場所ごとに出囃子を使い分けたり、その日のネタによって出囃子を変える芸人もいる。テレビ番組の場合、M-1グランプリのファイナリスト登場時に流れるファットボーイ・スリムBecause we can』のように、全出演者が統一の出囃子を用いることもある。

主な出囃子[編集]

以下ののような場合も出囃子と呼ばれることがある。芸人のきつねは現代風昭和歌謡漫談に於いて[歌って踊って朗らかに、ご陽気キツネが化けてでた、(アヨイショ)、キツネコンコンブラザーズ]というオリジナルの出囃子きつねコンコンブラザーズのテーマを使用している。

関連項目[編集]