出居塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出居塚古墳
Deizuka Kofun, zenkei.jpg
墳丘全景(右に後方部、左に前方部)
別名 鶴の山古墳
所在地 長崎県対馬市美津島町雞知字濱田
位置 北緯34度15分52.87秒
東経129度18分51.74秒
座標: 北緯34度15分52.87秒 東経129度18分51.74秒
形状 前方後方墳
規模 墳丘長40m
埋葬施設 竪穴式石室
出土品 銅鏃・管玉・鉄剣・土器
築造時期 4世紀後半
史跡 長崎県指定史跡「出居塚古墳」
特記事項 対馬島第1位の規模
地図
出居塚古墳
Red pog.svg
三根
Blue pog.svg
仁位
Blue pog.svg
テンプレートを表示

出居塚古墳(でいづかこふん、鶴の山古墳)は、長崎県対馬市美津島町雞知(けち、鶏知)にある古墳。形状は前方後方墳。長崎県指定史跡に指定されている。

対馬では最古・最大規模の古墳で[1][2]4世紀後半(古墳時代前期)頃の築造と推定される。

概要[編集]

対馬島東海岸、雞知浦の西の丘陵上に築造された古墳で、対馬含む長崎県域では唯一の前方後方墳である[2]。これまでに1951年昭和26年)に発掘調査が、1991年度(平成3年度)に測量調査が実施されている[3]

墳形は前方後方形。墳丘長は40メートルを測るが、これは対馬の古墳のうちで最大規模になる[1][2]。墳丘は築石による[1]。主体部の埋葬施設は竪穴式石室であるが、大きく破壊を受けているため詳らかでなく、規模は長さ4メートル・幅2メートル・深さ0.9メートル程度と推定される[2]。昭和26年の発掘調査では銅鏃12本・碧玉製管玉1個・鉄剣片2本分・土器片1点が検出されている[2]

この出居塚古墳は、出土遺物などから古墳時代前期の4世紀後半頃の築造と推定される[3][2]。本古墳は対馬の畿内型古墳としては最古に位置づけられ[4]、付近では同様に畿内型古墳の前方後円墳3基を含む根曽古墳群やサイノヤマ古墳の築造も知られる[2]。これらは当時には対馬が畿内ヤマト王権の勢力下にあったことを示すものとされ、被葬者としては特に史書に見える対馬県直(つしまあがたのあたい、津島県直)またはそれにつながる豪族の墓と推定する説が挙げられている[1][2][5]。なお、対馬の中心地は弥生時代には対馬島西海岸(三根地区の三根遺跡や仁位地区)にあったと推測されるが、古墳時代に入り本古墳や根曽古墳群の築造時には対馬島東海岸の雞知浦に移動している[6]

古墳域は2002年平成14年)に長崎県指定史跡に指定されている[5]

来歴[編集]

  • 1917年大正6年)の『津島紀事』に「出居塚」として記述[1]
  • 1951年昭和26年)、発掘調査。前方後円墳の「鶴の山古墳」として報告(日本考古学協会)[3][7]
  • 1991年度(平成3年度)、測量調査。前方後方墳と判明し「出居塚古墳」として報告(長崎県教育委員会の古墳詳細分布調査)[3][5]
  • 2002年(平成14年)2月26日、長崎県指定史跡に指定[5]

構造[編集]

古墳の規模は次の通り[2][5]

  • 墳丘長:40メートル
  • 後方部
    • 長さ:19.5メートル
    • 高さ:3.7メートル
  • 前方部
    • 長さ:21メートル
    • 幅:4メートル
    • 高さ:1.2メートル

文化財[編集]

長崎県指定文化財[編集]

  • 史跡
    • 出居塚古墳 - 2002年(平成14年)2月26日指定[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 出居塚古墳(平凡社) 2001.
  2. ^ a b c d e f g h i 史跡説明板。
  3. ^ a b c d 出居塚古墳(続古墳) 2002.
  4. ^ 「対馬国」『日本歴史地名大系 43 長崎県の地名』 平凡社、2001年。
  5. ^ a b c d e f 出居塚古墳(長崎県ホームページ「長崎県の文化財」)。
  6. ^ 『旅する長崎学12 海の道2対馬 朝鮮外交への道 海神の島 大陸交流のかけ橋』 長崎文献社、2009年、pp. 28-29。
  7. ^ 出居塚古墳(長崎県教育庁学芸文化課「長崎県の遺跡大辞典」)。

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

関連項目[編集]

  • 出居塚古墳 - 長崎県ホームページ「長崎県の文化財」
  • 出居塚古墳 - 長崎県教育庁学芸文化課「長崎県の遺跡大辞典」