出岐雄大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
出岐 雄大 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Takehiro Deki
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属 中国電力
大学 青山学院大学社会情報学部卒業
生年月日 (1990-04-12) 1990年4月12日(30歳)
生誕地 長崎県の旗 長崎県長崎市
自己ベスト
5000m 13分54秒09(2011年
10000m 29分02秒10(2011年)
20km 58分51秒(2010年
ハーフマラソン 1時間02分11秒(2015年
マラソン 2時間10分02秒 (2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

出岐 雄大(でき たけひろ、1990年4月12日 - )は日本の元陸上競技選手、専門は長距離走マラソン長崎県長崎市出身。2011年第26回ユニバーシアード競技大会男子ハーフマラソン日本代表。長崎県立長崎北陽台高等学校青山学院大学社会情報学部卒業。中国電力所属。

来歴[編集]

小学校時代に野球経験があり、中学時代はサッカー部に所属していた[1]。北陽台高校に入学後もサッカー部に所属していたが、助っ人として駅伝に出場していた。陸上部顧問の勧誘を受けて陸上部に入部[1]。高校2年時の佐賀インターハイ3000mSCで全国大会に進み、決勝進出を果たして15位の成績を残した[2]。高校3年時の埼玉インターハイ1500mと3000mSCで全国大会に進んだ[3]

2009年、出岐は青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督原晋から熱烈なスカウトを受け、当大学に入学。大学4年時の箱根駅伝優勝を目標に大学で陸上競技を続けた[4][5]。同年10月の第86回箱根駅伝予選会に出場し、青山学院は8位で予選通過を決めた[6]。2010年1月第86回箱根駅伝で1区を任され、区間9位でタスキをつないだ。青山学院は総合8位に入り、翌年の箱根駅伝出場シード権を41年ぶりに獲得した。同年10月、高島平20kmロードレースに出場し、実業団選手を引き離して58分51秒の記録で優勝を飾った[7]

2011年1月、第87回箱根駅伝で出岐は2区に出場し11人抜きの走りで5位に順位を上げてタスキをつないだ。青山学院は総合9位となり、2年連続でシード権を獲得した。4月、ユニバーシアード男子ハーフマラソン日本代表選考会を兼ねて行われた第59回兵庫リレーカーニバル10000mに出場し、29分04秒16の記録で優勝を飾った[8]。8月、出岐は深圳で開かれた第26回ユニバーシアード競技大会ハーフマラソンに日本代表として出場、6位入賞の成績を残した[9]。出岐は日本代表内の3位として同種目の団体金メダル獲得に貢献した。10月、第23回出雲駅伝は1区を走り、先頭と16秒差の区間4位でタスキをつないだ。11月、出岐は第43回全日本大学駅伝で2区を走り10人抜きを達成、37分43秒の記録で早稲田大学大迫傑らを抑えて区間賞を獲得した[10]。同月、国際千葉駅伝に日本学生選抜の5区を走り、チームは総合3位の成績を残した[11]

2012年1月、第88回箱根駅伝も出岐は2区を走り、12位でタスキを受けて9人抜きを達成し3位まで順位を押し上げた。1時間07分26秒の記録で区間賞を獲得、青山学院の総合5位に貢献した[12]。3月の第67回びわ湖毎日マラソンで初マラソンを経験。雨が降る中行われたレースで出岐は30kmまで先頭集団で進め、給水時に給水ボトルに貼りつけたをなめる補給を行いながら[13]、学生歴代3位となる2時間10分02秒の記録で9位に入った[14]。この後怪我のために練習を行えない時期があった[15]。6月、第44回全日本大学駅伝関東地区予選会に出場したが、青山学院は本大会出場権を逃している[16]。10月、第24回出雲駅伝で出岐は6区アンカーを務め、青山学院大学大学駅伝初優勝のゴールテープを切った[17]。11月、国際千葉駅伝に2年連続日本学生選抜として5区に出場、大学の同級生である大谷遼太郎と同じチームで走り、チームは総合5位の成績を残した[18]

2013年1月、第89回箱根駅伝はふくらはぎの怪我もあり10区を任され[19]、青山学院は総合8位となった。出岐は4年連続箱根駅伝を走り、青山学院は4年連続シード権を獲得した。同年4月、中国電力に入社した。2014年ニューイヤー駅伝で中国電力の選手として最終7区を走り6区の6位から順位をあげ5位入賞をはたした。翌日、第90回箱根駅伝の日本テレビのゲスト解説を務めた。

2015年1月、第20回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会において長崎県代表として最終区間7区を担い、鎧坂哲哉村山謙太といった豪華メンバーの中で区間1位の走りを見せ、長崎県を8位入賞に導いた[20]

2015年7月、ゴールドコースト・ハーフマラソンに出場し、1時間02分11秒の自己ベスト記録で優勝した[21]

2016年2月、リオデジャネイロオリンピック出場を目指し、2度目のマラソンとなる東京マラソン2016に出走したものの、2時間15分49秒の記録で26位に終わる。そして、「箱根(駅伝)以上の目標が見つけられない」と、モチベーションの低下を理由に、2016年3月限りで中国電力陸上部からの退部・現役引退を決意。結果的に同レースがラストランとなった[22][23]

競技引退後も中国電力に残り、本社では営業を担当中で、現在1児の父親となる。2019年1月3日、TBS系列消えた天才』にVTR出演。陸上競技からの引退要因について「元から陸上は好きでも興味もなく、強い思いがなかった。青山学院大時代は原監督の魔法にかかっていただけ」「走ることが単純過ぎて何が面白いのかが分からず、キツい猛練習が耐えられなくて嫌いになった。中途半端な気持ちで続けては会社に失礼と思った」と告白。その後、青学大の後輩達が箱根駅伝で活躍していることについては「自分から何か学んでくれて生かしてくれたなら、頑張ってきて良かった。今は後悔なくやれたと思っています」と笑顔で語っていた[24]

ベスト記録[編集]

大学駅伝成績[編集]

年度 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2009年度)
第21回
(出場なし)
(青学大不出場)
第41回
(出場なし)
(青学大総合15位)
第86回-1区(21.4Km)
区間9位
1時間03分48秒
<青学大総合8位>
2年生
(2010年度)
第22回-1区(8.0Km)
区間12位
24分13秒
<青学大総合11位>
第42回
(出場なし)
(青学大不出場)
第87回-2区(23.2Km)
区間4位
1時間07分50秒
<青学大総合9位>
3年生
(2011年度)
第23回-1区(8.0Km)
区間4位
23分04秒
<青学大総合10位>
第43回-2区(13.2Km)
区間賞
37分43秒
<青学大総合9位>
第88回-2区(23.2Km)
区間賞
1時間07分26秒
<青学大総合5位>
4年生
(2012年度)
第24回-6区(10.2Km)
区間3位
29分30秒
青学大総合初優勝
第43回
(出場なし)
(青学大不出場)
第89回-10区(23.1Km)
区間14位
1時間13分19秒
<青学大総合8位>

マラソン全成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2012年3月4日 第67回びわ湖毎日マラソン 9位 2時間10分02秒 初マラソン・2012年ロンドンオリンピック選考レース・自己記録
2016年2月28日 東京マラソン2016 26位 2時間15分49秒 2016年リオデジャネイロオリンピック選考レース・ラストラン

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ランナーズブログ 第25回インタビュー(兼実省伍選手・出岐雄大選手・中原大選手) 中国電力陸上競技部 (2013-05-15). 2013年8月25日閲覧
  2. ^ 秩父宮賜杯 第60回 全国高等学校陸上競技対校選手権大会 男子3000mSC 決勝 JAIC (2007-08-06). 2013年8月25日閲覧
  3. ^ 『箱根駅伝公式ガイドブック2011』 陸上競技社・講談社. (2010). p.44
  4. ^ 『大学駅伝決算号 2012-13 陸上競技マガジン3月号増刊』 ベースボールマガジン社. (2013). pp.54-55.
  5. ^ 岩島佑希 (2013-01-04). 青学大エース出岐、不調続き…潤んだ目でゴール 読売新聞. 2013年8月26日閲覧
  6. ^ 第86回東京箱根間往復大学駅伝競走予選 記録表 箱根駅伝公式サイト. 2013年8月25日閲覧
  7. ^ 『陸上競技マガジン増刊 大学駅伝決算号 2011年3月号』 ベースボールマガジン社. (2011). pp.68-69.
  8. ^ 出岐雄大選手がユニバーシアードハーフマラソン代表に内定 青山学院大学. 2013年8月25日閲覧
  9. ^ 第26回ユニバーシアード競技大会(2011/深圳) 日本選手団(陸上競技)結果 日本学生陸上競技連合. 2013年8月25日閲覧
  10. ^ 第43回全日本大学駅伝 区間記録 テレビ朝日. 2013年8月25日閲覧
  11. ^ 出岐雄大選手(社会情報学部3年)が、「2011国際千葉駅伝」日本学生選抜チームで3位入賞 青山学院大学. 2013年8月26日閲覧
  12. ^ 第88回箱根駅伝 青学史上最高の第5位でゴール! 青山学院大学. 2013年8月25日閲覧
  13. ^ 『陸上競技マガジン 2012年4月号』 ベースボール・マガジン社 (2012). p.19
  14. ^ 第67回びわ湖毎日マラソン大会 びわ湖毎日マラソン. 2013年8月26日閲覧
  15. ^ 『大学駅伝決算号 2012-13 陸上競技マガジン3月号増刊』 ベースボールマガジン社. (2013). p.52.
  16. ^ 秩父宮賜杯第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会 男子10000m タイムレース総合結果 関東学生陸上競技連盟. 2013年8月26日閲覧
  17. ^ 過去のフィニッシュ 第24回 出雲駅伝. 2013年8月26日閲覧
  18. ^ 出岐雄大選手と大谷遼太郎選手が「2012国際千葉駅伝」日本学生選抜チームに出場し総合5位でゴール 青山学院大学. 2013年8月26日閲覧
  19. ^ 『大学駅伝決算号 2012-13 陸上競技マガジン3月号増刊』 ベースボールマガジン社. (2013). p.55
  20. ^ 第20回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 [速報]総合成績2015年1月19日閲覧
  21. ^ ゴールドコーストマラソン2015(大会結果) 中国電力陸上競技部 ランナーズ・ブログ]2015年7月14日掲載
  22. ^ 出岐雄大選手から皆さまへ 中国電力陸上競技部 ランナーズ・ブログ(2016年3月11日掲載)
  23. ^ 箱根駅伝が選手キャリアのピークになってしまう理由 VICTORY(2019年1月3日掲載)
  24. ^ 青学史上最強ランナー 25歳で陸上を辞めた理由を告白「何が面白いのか…」 デイリースポーツ(2019年1月4日掲載)