出田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出田町
—  町丁  —
出田町の位置(横浜市内)
出田町
出田町
出田町の位置(神奈川県内)
出田町
出田町
出田町の位置
座標: 北緯35度28分39.94秒 東経139度38分50.13秒 / 北緯35.4777611度 東経139.6472583度 / 35.4777611; 139.6472583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
神奈川区
面積[1]
 - 計 0.161km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 -人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 221-0032[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜
※人口等は非公表の為、未掲載。

出田町(いずたちょう)は横浜市神奈川区の町名。住居表示は未実施[5]で、郵便番号は221-0032[3]

出田町の読み方[編集]

後節で述べる埠頭の名称としては出田町埠頭(でたまちふとう)であり、住所の出田町(いずたちょう)と読み方が異なる[6]。このため、タクシートラックなどの運輸従事者を中心に住所も「でたまち」「でだまち」と読まれることが多い。

地理[編集]

神奈川区臨海部港湾地区に位置し、千若町に隣接する。面積は0.161km2[1]で、人口はわずかである[7]

沿革[編集]

出田町埠頭[編集]

A・B(各延長135m)・C・D(各延長123m)の4つのバースおよび2か所の物揚場を持つ。当初は石炭の取り扱いが主であった[9]が、現在は内航での砂・砂利の移入および日本国外からのバナナを中心とする青果物の輸入が主で、バナナ埠頭の愛称を持つ[10][11]。2002年の取扱量は、砂・砂利の移入1306千トン、農水産品の輸入456千トン、鉄鋼の移入58千トン、石油類の移入1千トン、計1821千トンであった[12]ケイヒン上組デルモンテが青果物の倉庫を持ち、保管や燻蒸などの加工を行うほか、三菱鉛筆日本郵便輸送も物流センターを置く。海底ケーブルの製造を行うNTTワールドエンジニアリングマリンも出田町に本社および専用岸壁を設けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市神奈川区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年12月6日閲覧
  6. ^ 出田町ふ頭、住所は「いずた」なのに、なぜ「でたまちふとう」?([はまれぽ.com] 2011年11月7日)
  7. ^ 神奈川区町別世帯と人口(2010年11月30日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)横浜市統計ポータルサイト、2011年12月2日閲覧
  8. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  9. ^ 『港のあゆみ』p25
  10. ^ 出田町ふ頭(横浜市港湾局)
  11. ^ 出田町ふ頭(横浜港埠頭株式会社)
  12. ^ 『横浜港港湾計画資料』p41,p47(専用岸壁分除く)

参考資料[編集]

  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998
  • ちず丸(昭文社)
  • 運輸省第二港湾建設局京浜港湾工事事務所、2000、『京浜港直轄施工100周年記念誌 港のあゆみ』
  • 横浜市、2006、『横浜港港湾計画資料(その1)-改訂-』