出雲大社神戸分祠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出雲大社神戸分祠
出雲大社神戸分祠
拝殿
所在地 兵庫県神戸市中央区楠町1丁目2-1
位置 北緯34度41分3秒
東経135度10分39秒
座標: 北緯34度41分3秒 東経135度10分39秒
主祭神 大国主大神
創建 1895年(明治28年)
地図
出雲大社神戸分祠の位置(兵庫県内)
出雲大社神戸分祠
出雲大社神戸分祠
テンプレートを表示

出雲大社神戸分祠(いずもおおやしろ/たいしゃ こうべぶんし)は兵庫県神戸市中央区楠町、神戸の市街地に鎮座する神社[1]。「縁結びの神」「福の神」そして「幽冥主宰の神」として知られる。出雲大社の御祭神・大国主大神(おおくにのぬし の おおかみ)様の御分霊を祀る。別称「神戸のいづもさん」

来歴[編集]

  • 1895年(明治28年) - 島根県の出雲大社より分祀、出雲大社神戸教会所として創立。
  • 1940年(昭和15年) - 阪神大水害で失われた社殿・教職舎、総檜造りにて再建。分院(大教会)に昇格。
  • 1950年(昭和25年) - 分祠へと昇格。出雲大社神戸分祠となる。
  • 1972年(昭和47年) - 出雲大社会館完成。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]