出雲崎町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いずもざきまち
出雲崎町
Find47 Niigata- Ryokan and Yuhi-no-oka Park (Izumozaki Town)-m.jpg
良寛と夕日の丘公園
出雲崎町旗 出雲崎町章
出雲崎町旗[1] 出雲崎町章
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
三島郡
市町村コード 15405-9
法人番号 7000020154059 ウィキデータを編集
面積 44.38km2
総人口 4,060[編集]
推計人口、2021年4月1日)
人口密度 91.5人/km2
隣接自治体 長岡市柏崎市
町の木 ケヤキ
町の花 アカサカツツジ
出雲崎町役場
町長
[編集]
小林則幸
所在地 949-4353
新潟県三島郡出雲崎町川西140
北緯37度31分50.6秒東経138度42分33.6秒座標: 北緯37度31分50.6秒 東経138度42分33.6秒
Izumozaki town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

出雲崎町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

出雲崎町(いずもざきまち)は、新潟県中越地方にある日本海に面した。妻入りのまち並みで知られる。

概要[編集]

出雲崎の妻入りの街並みが4kmにわたって続く

良寛の出生地で知られ、松尾芭蕉奥の細道にも登場した。江戸時代には幕府直轄の天領地となり、北前船の寄港地、佐渡島からの金銀荷揚げの地として栄え、約3.6 kmの街道沿いに2~3万人が住んでいたと言われた[2]。日本における「近代石油産業発祥の地」であり、紙風船の生産日本一(全国シェアの80%超)でもある。遠浅の海が広がり、2008年には黒人演歌歌手で有名なジェロ海雪の舞台となった。日本海側気候で、豪雪地帯にも指定されている。

長岡市への通勤率は25.1%・柏崎市への通勤率は15.4%(いずれも平成22年国勢調査)。

地理[編集]

歴史[編集]

1616年元和2年)に出雲崎代官所が設けられた。

近世には出雲崎・尼瀬の2つの町に分けられ、それぞれに名主(橘屋、京屋)が置かれた[3][4]。前者は出雲崎本町(住吉町・石井町・羽黒町)、後者は尼瀬(岩船町・稲荷町・伊勢町)の屋敷割を行い、間には大木戸が設けられていた[3][4]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、三島郡出雲崎住吉町、出雲崎石井町、出雲崎羽黒町、出雲崎鳴滝町、出雲崎木折町、井ノ鼻村が合併し、出雲崎町が発足。
  • 1904年(明治37年)4月1日 - 三島郡尼瀬町と合併して出雲崎町を新設。
  • 1957年昭和32年)6月20日 - 三島郡西越村と合併し出雲町を設置。即日、出雲崎町に名称を変更。
  • 1958年(昭和33年)1月1日 - 大字高畑を分離し、三島郡和島村に編入される。

市町村合併[編集]

平成の大合併与板町和島村との合併による「良寛町」の誕生を図り、任意協議会も設置されたが結局断念。両町村は長岡市に編入されたものの当町は独立のままとなった。

人口[編集]

Demography15405.svg
出雲崎町と全国の年齢別人口分布(2005年) 出雲崎町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 出雲崎町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

出雲崎町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

経済[編集]

日本石油(現・ENEOS)発祥の地である尼瀬油田が町内に位置し、隣接する柏崎市西山地区とともにかつては石油産業が盛んであった。

漁業[編集]

町内には出雲崎漁港[6]がある。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

このほかにも臨海学校が設けられており、夏になると県外から生徒が訪れる。

交通[編集]

内陸部に位置する出雲崎駅

鉄道路線[編集]

鉄道路線は海岸から4 kmほど離れた内陸部を走っている。

路線バス[編集]

周辺のバス路線図(左下が当町域)。柏崎方面、長岡方面の路線がある。詳細は「越後交通 柏崎地区時刻表」を参照。
  • 越後交通 - 路線バスを運行。町内完結路線のほか、柏崎市街、長岡市街と結ぶ路線がある。
  • 出雲崎町デマンド交通「てまりん」 - 2019年4月に運行開始[7][8]。2020年時点では町内全域を運行エリアとして30分間隔で運行されており、電話だけでなくLINEでの予約が可能[9]。町内全域で運行される通常便のほか、越後交通の中永バス停で長岡方面からの路線バスに接続する「おかえりライナー便」が設定されている[9]

道路[編集]

1974年(昭和49年)から1980年(昭和55年)にかけて北国街道を迂回する形で海岸部に国道バイパスが建設された[4]

その他[編集]

  • 出雲崎駅前の「ホッと情報館陽だまり」では電動レンタサイクルの貸出しが実施されている。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

いずもざき海遊広場付近の海岸と海沿いの妻入りの街並み

著名な出身者[編集]

関連人物[編集]

  • ジェロ(「海雪」を歌う黒人演歌歌手、歌詞の中に「出雲崎」が入っている。)

脚注[編集]

  1. ^ 色は複数あり
  2. ^ あの頃の風景 おくのほそ道 第11回 江戸時代の街並みが今も残る 静かな町「出雲崎」”. 建設コンサルタンツ協会. 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ a b 良寛たずね道八十八ヶ所巡り 12. 木戸跡”. 新潟県長岡地域振興局 企画振興部. 2021年1月22日閲覧。
  4. ^ a b c 西村伸也、棒田恵、渡部裕樹、橋爪隆一、小林勉、石黒翔梧、甲賀達郎、横川遥哉「出雲崎海岸地区における町家の空間構成に関する研究 海岸との関係からみる集住の仕組みと居住空間の変容」『日本建築学会計画系論文集』第84巻、2019年、 1049-1056頁、 doi:10.3130/aija.84.1049
  5. ^ 新潟・出雲崎町長、がん手術へ 全国最高齢の首長”. 朝日新聞 (2020年4月2日). 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ 出雲崎漁港(第2種 新潟県管理) - 新潟県農林水産部漁港課.2019年2月28日閲覧。
  7. ^ 広報いずもざき 第526号 2019年3月 pp.2-3 出雲崎町デマンド交通の愛称 てまりんに決定 (PDF) - 出雲崎町
  8. ^ 広報いずもざき 第528号 2019年5月 記者は見た てまりん出発式 - 出雲崎町
  9. ^ a b 出雲崎町デマンド交通「てまりん」チラシ”. 出雲崎町デマンド交通「てまりん」. 出雲崎町. 2020年9月4日閲覧。
  10. ^ 観光:良寛の足跡を辿る - 出雲崎町観光協会.2019年2月28日閲覧。
  11. ^ a b c 観光:北国街道出雲崎宿 - 出雲崎町観光協会.2019年2月28日閲覧。
  12. ^ 観光:歴史に触れる - 出雲崎町観光協会.2019年2月28日閲覧。
  13. ^ にいがた景勝100選 - 日本百選 都道府県別データベース.2019年2月28日閲覧。
  14. ^ 新潟最後の穴場、出雲崎 ~景観1位なのに今からでも予約可能!~ - とらべるじゃーな!.2019年2月28日閲覧。
  15. ^ 出雲崎「美食」街めぐり - 出雲崎町観光協会.2019年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。