出雲玉作史跡公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出雲玉作史跡公園
140427 Izumo Tamatsukuri Historical Park Matsue Shimane pref Japan02n.jpg
分類 歴史公園
所在地
座標 北緯35度24分58.842秒 東経133度0分44.59秒 / 北緯35.41634500度 東経133.0123861度 / 35.41634500; 133.0123861座標: 北緯35度24分58.842秒 東経133度0分44.59秒 / 北緯35.41634500度 東経133.0123861度 / 35.41634500; 133.0123861
面積 2.8ヘクタール
アクセス JR玉造温泉駅から徒歩2分のバス停「玉造温泉駅入口」から一畑バス玉造温泉行きで6分、バス停「姫神の湯」下車、徒歩5分
事務所 出雲玉作資料館内
事務所所在地 島根県松江市玉湯町玉造99-3
遺跡「出雲玉作跡」
復元された竪穴式住居

出雲玉作史跡公園(いずもたまつくりしせきこうえん)は、島根県松江市玉湯町にある考古遺跡出雲玉作跡」宮垣地区の保存と公開を目的として整備された公園である。公園全域が国の史跡に指定されている[1]

当公園は古墳時代から奈良時代平安時代にかけ勾玉管玉の生産地として栄えた花仙山の麓、玉造温泉街を見下ろす玉湯川右岸の丘陵に位置する。公園内には、記加羅志神社跡古墳、復元された竪穴式住居、玉作工房跡などが点在する[2]

遺跡からの出土品(出雲玉作遺跡出土品、国の重要文化財[3])は、玉作湯神社および隣接する出雲玉作資料館にて保存、公開されている。

国指定史跡 出雲玉作跡[編集]

  • 基本データ
    • 指定範囲 - 島根県松江市玉湯町(宮垣、 宮ノ上、玉ノ宮地区)
    • 指定年月日 - 1922年大正11年10月12日)
    • 指定基準 - 史6
    • 追加指定年月日 - 平成16年10月18日
    • 管理団体名 - 松江市(大正12年12月13日)

国指定重要文化財 出雲玉作遺跡出土品[編集]

1969年1971年に実施された 出雲玉作遺跡発掘調査で出土した玉類等一括遺物である。

  • 基本データ
    • 所在地 - 島根県松江市玉湯町玉造99-3
    • 指定年月日 - 1977年6月11日

施設[編集]

  • 記加羅志神社跡古墳
  • 竪穴式住居
  • 玉作工房跡保存施設
  • ちびっこ広場
  • テニスコート

脚注[編集]

  1. ^ 出雲玉作跡 文化遺産オンライン(2018年12月8日閲覧)
  2. ^ 島根県:出雲玉作跡・女夫岩遺跡(2018年12月8日閲覧)
  3. ^ 出雲玉作遺跡出土品 文化遺産オンライン(2018年12月8日閲覧)

周辺[編集]

関連項目[編集]