出雲神西駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
出雲神西駅
出雲神西駅.jpg
駅舎
いずもじんざい
Izumojinzai
西出雲 (2.0km)
(2.1km) 江南
所在地 島根県出雲市東神西町395
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 D 山陰本線
キロ程 391.4km(京都起点)
電報略号 イサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
55人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1982年昭和57年)7月1日
備考 無人駅
* 改称経歴
- 1993年 神西駅→出雲大社口駅[1][2]
- 1999年 出雲大社口駅→出雲神西駅[2]
テンプレートを表示

出雲神西駅(いずもじんざいえき)は、島根県出雲市東神西町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。開業は1982年で、島根県内のJRの駅としては一番新しい。 快速列車については米子駅から大田市駅まで各駅に停車する夕方の下り1本のみが停車する(2020年3月現在)。

歴史[編集]

開業時の駅名は「神西」(じんざい)。1982年7月の山陰線伯耆大山駅 - 知井宮駅(現・西出雲駅)間の電化時に車両基地への用地提供の条件として開業した[3]

1990年にJR大社線の廃止に伴い、出雲大社のJR最寄駅である大社駅が廃止され、出雲大社の名を冠するJRの駅が無くなったことで、「出雲地域の知名度が薄れ、観光面でのダメージも計り知れない」として出雲市と大社町が駅名変更を要望し[1]、1993年3月に観光振興を目的として駅名を「出雲大社口」(いずもたいしゃぐち)に改称した[1][2]。改称費用は1500万円で出雲市が負担した[4]。当初は、当駅から約9 km離れた出雲大社へのバス路線やタクシーの確保を考え[1]、出雲市とJR西日本米子支社との間でもバス路線を開設する覚書を交わしていた[4]。しかし、当駅の乗降客数が少ないことから路線バスで年間数千万円、タクシー常駐でも年間数百万円の損失補填が必要と見込まれたため、いずれも断念された[3][注 1]。当駅でタクシーを呼んだ場合5分で来るものの、出雲大社まで2,600円ほどかかり、出雲市駅から一畑電鉄を利用した場合より2,000円ほど高く掛かっていた[5]

1997年5月に東京から出雲大社へ向かった観光客からの苦情申し立てにより、同年10月9日に中国四国管区行政監察局からJR西日本に対し駅名を変更するか、それができない場合はバス路線を開設するか車内放送の徹底をするよう申し入れをされた[5][4]。この申し入れは勧告ではないため、法的拘束力はなかった[4]が、JRはこの申し入れを受け、列車の車内放送で出雲大社への最寄り駅として出雲市駅までの利用を案内するようになった[3]。しかしその後も苦情が相次ぎ、地元住民がマイカーで送迎するというケースもあった[3]

その間に発案者と言われる岩國哲人市長の国会議員への転出による市長交代等の諸情勢もあり、1999年春に「出雲神西」に再び改称した[2]。再改称に際して駅名に「出雲」が冠されたが、これは所在地の「出雲市」もしくは令制国名の「出雲国」を表している。このときの改称費用1200万円も、出雲市が負担した[6]

年表[編集]

駅構造[編集]

益田方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。松江駅管理の無人駅であり、ホームの手前に駅舎があるが、待合室と公衆便所のみの機能となっている。乗車駅証明書発行機や自動券売機は設置されていない。

2004年頃にホームの益田側の40m程が鉄柵の腐食により危険な為封鎖されたが、2007年に新しい柵に交換されたため封鎖は解除されている。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員55人である。2004年度は42人、1994年度は28人、1984年度は18人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 33
2000 45
2001 48
2002 44
2003 42
2004 42
2005 33
2006 32
2007 48
2008 49
2009 44
2010 37
2011 38
2012 43
2013 50
2014 48
2015 51
2016 54
2017 56
2018 55

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

※当駅停車の快速「アクアライナー」(下り1本のみ)は米子駅 - 大田市駅間各駅停車。列車記事も参照。

西日本旅客鉄道
D 山陰本線
西出雲駅 - 出雲神西駅 - 江南駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年現在、当駅付近を走行するバス路線は出雲市と江南駅を結ぶ路線しかないどころか、元々この近辺を経由する出雲大社方面へのバス路線は設定されてこなかった。また、タクシーは両隣の西出雲駅や江南駅にいる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “JR西日本・山陰線 2駅を改称 ダイヤ改正時に”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1993年1月19日) 
  2. ^ a b c d e 鉄道ジャーナル』第33巻第4号、鉄道ジャーナル社、1999年4月、 84頁。
  3. ^ a b c d “プリズム 地元住民の支援 空回り 神西→出雲大社口→出雲神西 JR、13日に再変更 地域振興どう実現 税金2000万円が無駄に”. 中国新聞 (中国新聞社). (1999年3月8日) 
  4. ^ a b c d “出雲大社口駅名変わる? 行監申し入れ(リポートしまね)”. 朝日新聞 (朝日新聞大阪本社): p. 大阪地方版/島根. (1998年1月20日) 
  5. ^ a b “出雲大社まで9キロ バス路線もなし 「大社口」名称変えて 中四国行監局がJRに勧告 地元要望で改称4年半 観光客の苦情受け”. 中国新聞 (中国新聞社): p. 社会面. (1997年10月10日) 
  6. ^ a b “6年で駅名2度変更 「実情と違う」苦情受け JR西日本”. 朝日新聞 (朝日新聞大阪本社): p. 大阪地方版/島根. (1999年3月14日) 

関連項目[編集]