出雲郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島根県出雲郡の位置

出雲郡(いずもぐん、しゅっとうぐん)は島根県出雲国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、出雲市の一部(斐川町各町)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

7世紀に制の出雲評として建てられ[1]701年大宝律令の制定とともに郡制の出雲郡となったと考えられる。『出雲国風土記』では出雲国と同様の由来の命名とされる。また出雲郷も同様とされる。郡家は出雲郷にあった。

郷里[編集]

天平5年(733年2月30日に成立したとされる『出雲国風土記』には8のの内に23の里(神戸郷は除く)があったとされ、以下の郷の記載がある[2]。天平11年(739年)の「出雲国大税賑給歴名帳」(『正倉院文書』に所収)によって里の名前もいくつか判明している。

  • 健部郷 - 宇夜里から改名したとされる。波如里と他2里があった。現在の出雲市斐川町学頭、神庭、三絡、松江市宍道町伊志見辺り。
  • 漆治郷[3] - 志司治郷[4]から神亀3年(726年)に改名した。深江里、工田里、犬上里があった。現在の出雲市斐川町上直江、直江辺り。
  • 河内郷 - 伊美里、大麻里と他1里があった。現在の出雲市斐川町出西、斐川町阿宮、出雲市船津町、上島町、雲南市加茂町大竹辺り。
  • 出雲郷 - 3の里があった(里名は不明)。現在の出雲市斐川町出西、神氷、求院、富村辺り。
  • 杵築郷 - 評里制の時は支豆支里であったと考えられる[1]。その後寸付郷から神亀3年(726年)に改名した。因佐里と他2里があった。現在の出雲市大社町辺り。
  • 伊努郷 - 伊農郷から神亀3年(726年)に改名した。3の里があった(里名は不明)。現在の出雲市東林木町、西林木町、日下町、矢尾町辺り。
  • 美談郷 - 三太三郷から神亀3年(726年)に改名した。3の里があった(里名は不明)。現在の出雲市国富町、美談町、出雲市斐川町原鹿と今在家の一部辺り。
  • 宇賀郷 - 2の里があった(里名は不明)。現在の出雲市国富町の北側、口宇賀町、奥宇賀町、河下町、猪目町、別所町、唐川町辺り。
  • 神戸郷 - 2の里があった(里名は不明)。現在の出雲市斐川町今在家、鳥井、名島辺り。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
出雲郡 58座(大1座・小57座)
大穴持神社 オホナモチノ (廃絶)
杵築大社 キヅキノ 名神大 出雲大社 島根県出雲市大社町杵築東195 出雲国一宮 [1]
同社大神大后神社 -オホカミオオキサキノ 大神大后神社 同上 出雲大社境内社
同社坐伊能知比売神社 -イノチヒメノ 伊能知比売神社 同上 出雲大社境内社
同社神魂御子神社 -カンタマミコノ
-カムムスビ-
神魂御子神社 同上 出雲大社境内社
同社神魂伊能知奴志神社 -カンタマイノチヌシノ 神魂伊能知奴志神社(命主社) 島根県仁多郡奥出雲町三沢402 出雲大社境外摂社
同社神大穴持御子神社 -カムオホナモチミコノ 大穴持御子神社(三歳社) 島根県出雲市大社町杵築東 出雲大社境外摂社
同社大穴持伊那西波伎神社 -イナセハギノ 大穴持伊那西波岐神社 島根県出雲市大社町鷺浦102
同社大穴持御子玉江神社 大穴持御子玉江神社 島根県出雲市大社町修理免920
阿須伎神社 アスキノ 阿須伎神社 島根県出雲市大社町遙堪1473
同社神韓国伊太弖神社 -カラクニイタテノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社天若日子神社 -アメワカヒコノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社須佐袁神社 -スサノヲノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社神魂意保刀自神社 -カンタマイホトシノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社神阿須伎神社 -カンアスキノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社神伊佐那伎神社 -カンイサナキノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社神阿麻能比奈等理神社 -アマノヒナトリノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社神伊佐我神社 -イサカノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社阿遅須伎神社 -アチスキノ 合祀:阿須伎神社 同上
同社天若日子神社 -アメワカヒコノ 合祀:阿須伎神社 同上
御碕神社 ミサキノ 日御碕神社 島根県出雲市大社町日御碕455
因佐神社 イナサノ 因佐神社 島根県出雲市大社町杵築北3008 出雲大社境外摂社
久佐加神社 クサカノ 久佐加神社 島根県出雲市日下町731-1
同社大穴持海代日古神社 -アマシロヒコノ 来坂神社 島根県出雲市矢尾町799
同社大穴持海代日女神社 -アマシロヒメノ 合祀:来坂神社 同上
伊努神社 イヌノ 伊努神社 島根県出雲市西林木町276
同社神魂伊豆乃売神社 -カンタマイツノヒメノ 合祀:伊努神社 同上
同社神魂神社 -カンタマノ 合祀:伊努神社 同上
同社比古佐和気神社 -ヒコサワケノ 合祀:伊努神社 同上
意布伎神社 イフキノ
オ-
合祀:伊努神社 同上
都我利神社 ツカリノ 都我利神社 島根県出雲市東林木町672
伊佐波神社 イサハノ 合祀:都我利神社
美談神社 ミタミノ
ミタムノ
美談神社 島根県出雲市美談町182
同社比売遅神社 -ヒメチノ 合祀:美談神社
県神社 アカタノ 県神社 島根県出雲市美談町182 美談神社境内社
同社和加布都努志神社 -ワカフツヌシノ 和加布都努志神社 同上 美談神社境内社
印波神社 イハノ 印波神社 同上 美談神社境内社
都武自神社 ツムシノ 都牟自神社 島根県出雲市国富町 1
宇加神社 ウカノ 宇加神社 島根県出雲市口宇賀町521
美努麻神社 ミヌマノ 奥宇賀神社 島根県出雲市奥宇賀町1387
布勢神社 フセノ 奥宇賀神社 同上
意保美神社 オホミノ   意保美神社 島根県出雲市河下町217
(論)垂水神社 島根県出雲市河下町549
出雲神社 イツモノ   (論)諏訪神社 島根県出雲市別所町72
(論)長浜神社 島根県出雲市西園町4258
(論)素盞社 島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社境内摂社
同社韓国伊太弖神社 -カラクニ- 合祀:諏訪神社 島根県出雲市別所町72
斐代神社 ヒシロノ 斐代神社 島根県出雲市唐川町408
韓竈神社 カラカマノ 韓竈神社 島根県出雲市唐川町
鳥屋神社 トリヤノ 鳥屋神社 島根県出雲市斐川町鳥井815
神代神社 カンシロノ   神代神社 島根県出雲市斐川町神庭485
(論)万九千神社 島根県出雲市斐川町併川258 立虫神社境内社
曽枳能夜神社 ソキノヤノ 曽枳能夜神社 島根県出雲市斐川町神氷823
同社韓国伊太弖神社
(同社韓国伊太弖奉神社)
-イタテ- 韓國伊太弖奉神社 同上 曽枳能夜神社境内社
伊佐賀神社 イサカノ 伊保神社 島根県出雲市斐川町出西字伊保544
久武神社 クムノ 久武神社 島根県出雲市斐川町出西1834
加毛利神社 カモリ 加毛利神社 島根県出雲市斐川町神氷神守1779
御井神社 ミヰノ 御井神社 島根県出雲市斐川町直江町2518
伊甚神社 イジンノ
イシムノ
伊甚神社 島根県松江市宍道町伊志見188
波知神社 ハチノ 波知神社 島根県出雲市斐川町三絡559
立虫神社 タチムシノ 立虫神社 島根県出雲市斐川町併川258
阿吾神社 アコノ 阿吾神社 島根県出雲市斐川町阿宮295
凡例を表示

中世から近世[編集]

中世に入る前には杵築郷、伊努郷と河内郷の領域は神門郡に、宇賀郷と美談郷の領域は楯縫郡に組み込まれたと考えられる。残りの郡域は鎌倉期から戦国期にかけて出東郡(しゅっとうぐん)に変わった。その後近世初期に出雲郡(読みは「しゅっとう」のまま)となった。

近世以降の沿革[編集]

1.荘原村 2.出西村 3.伊波野村 4.直江村 5.久木村 6.出東村(桃:出雲市 11 - 21は楯縫郡 31 - 60は神門郡)
南村[7]、福富村[7]、沖須村[7]、中須村[7]、黒目村[7]、氷室村、中原村、神守村、坂田村、三分市村、今在家村、上直江村[8]、下直江村[8]、直江町[8]、下庄原村[9]、上庄原村[9]、吉成村、武部村、宇屋神庭村、羽根村、学頭村、上鹿塚村、鳥屋村[10]、井上村、上阿宮村、下阿宮村、出西村、求院村、神立村、●富村、●千家村、●北島村、別名村
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 直江町が下直江村に合併。(32村)
  • 明治8年(1875年)(24村)
    • 氷室村・神守村が合併して神氷村となる。
    • 中原村・上鹿塚村が合併して原鹿村となる。
    • 吉成村・武部村・羽根村が合併して三纏村となる。
    • 鳥屋村・井上村が合併して鳥井村となる。
    • 上阿宮村・下阿宮村が合併して阿宮村となる。
    • 神立村・千家村が合併して併川村となる。
    • 北島村・別名村が合併して名島村となる。
  • 明治12年(1879年1月12日 - 郡区町村編制法の島根県での施行により行政区画としての出雲郡(いずもぐん)が発足。「楯縫出雲郡役所」が楯縫郡平田村上ヶ分に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治17年(1884年) - 下直江村の一部が分立して直江町となる。(1町24村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。全域が現・出雲市。(6村)
    • 荘原村 ← 学頭村、宇屋神庭村、下庄原村、三纏村、上庄原村
    • 出西村 ← 阿宮村、出西村、神氷村、求院村、併川村
    • 伊波野村 ← 富村、名島村、鳥井村、上直江村
    • 直江村 ← 下直江村、直江町
    • 久木村 ← 今在家村、南村、福富村、原鹿村
    • 出東村 ← 沖須村、中須村、黒目村、三分市村、坂田村
  • 明治29年(1896年4月1日 - 郡制の施行のため、出雲郡・楯縫郡・神門郡の区域をもって簸川郡が発足。同日出雲郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤原京の藤原宮の北をめぐる外濠から出た木簡に、「出雲評支豆支里大贄煮魚須々支」とある。奈良国立文化財研究所『藤原宮木簡』一、157、奈良国立文化財研究所史料XII、1978年、解説79頁。
  2. ^ 比定地名は2009年現在のもの。郷域の比定は関(2006)を参考にした。なお郡域を流れる斐伊川はしばしば氾濫していたため、明確な郡域を比定するのは困難である。
  3. ^ 漆沼郷と校訂する例が多いが、「出雲国大税賑給歴名帳」や『和名抄』には「漆治郷」と記されている(関(2006))。
  4. ^ 写本により表記に異動があるが、関(2006)の校訂に従う。
  5. ^ 旧高旧領取調帳」は出雲国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書16 旧高旧領取調帳 中国四国編」(近藤出版社、1978年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  6. ^ 下記のほか西代村、東林木村、西林木村、美談村が記載されているが、実際に所属した楯縫郡の項目に記載。
  7. ^ a b c d e 久木2ヶ村のうち。庄原村1村として記載。
  8. ^ a b c 直江村1村として記載。
  9. ^ a b 庄原村1村として記載。
  10. ^ 以下11村は神門郡として記載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
簸川郡