函館インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
函館インターチェンジ
函館IC(2014年1月)
函館IC(2014年1月)
所属路線 E5 函館新道
IC番号 1
本線標識の表記 国道5号標識 函館
起点からの距離 0.0km(函館IC起点)
(3.0km) 七飯大川IC
所属路線 E59 函館江差自動車道
本線標識の表記 国道5号標識 函館
起点からの距離 0.0km(函館IC起点)
(3.4km) 北斗追分IC
所属路線名 函館新外環状道路
本線標識の表記 国道5号標識 函館
起点からの距離 0.0km(函館IC起点)
(2.4km) 赤川IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号(函館新道)
供用開始日 2000年平成12年)3月30日
通行台数 x台/日
所在地 041-0801
北海道函館市桔梗町
備考 料金所なし(無料)
テンプレートを表示

函館インターチェンジ(はこだてインターチェンジ)は、北海道函館市にある函館新道北海道縦貫自動車道並行する一般国道自動車専用道路(A'路線))・函館江差自動車道函館新外環状道路インターチェンジ[1]

函館新道の函館IC - 七飯本町IC間約6.6kmのうち約5.3kmは4車線化されている[2]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E5 函館新道
(1) 函館IC/JCT - (2) 七飯大川IC
E59 函館江差自動車道(函館茂辺地道路)
(1) 函館IC/JCT - (2) 北斗追分IC
函館新外環状道路
(1) 函館IC/JCT - (2)赤川IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 函館新外環状道路”. 新外環状道路整備推進室. 函館市. 2015年4月18日閲覧。
  2. ^ 函館新道 函館-七飯本町IC4車線化へ”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2013年8月15日). 2014年10月13日閲覧。
  3. ^ 函館新道の一部供用開始 (PDF)”. 北の交差点 Vol.7 SPRING-SUMMER 2000. 北海道道路管理技術センター. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  4. ^ 1函館江差自動車道 2帯広広尾自動車道 3一般国道40号名寄バイパス (PDF)”. 北の交差点 Vol.13 SPRING-SUMMER 2003. 北海道道路管理技術センター. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  5. ^ 函館新外環状道路「函館IC〜赤川IC」〈通行無料〉が開通します〜函館空港とのアクセス向上による物流・観光・産業への貢献〜 (PDF)”. 北海道開発局函館開発建設部 (2015年1月29日). 2015年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月18日閲覧。

関連項目[編集]