函館基地隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯41度46分05秒 東経140度42分46秒 / 北緯41.76806度 東経140.71278度 / 41.76806; 140.71278

函館基地隊
創設 1953年(昭和28年)9月16日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 掃海、沿岸海域防備、艦艇支援
所在地 北海道 函館市
編成地 函館
上級単位 大湊地方隊
担当地域 津軽海峡、北海道周辺
テンプレートを表示
津軽海峡周辺の海自(◆)・空自基地(▲)。1-松前警備所、2-松前警備所白神支所、3-竜飛警備所、4-函館基地隊、5-大湊基地、6-下北海洋観測所、7-車力分屯基地、8-大湊分屯基地

函館基地隊(はこだてきちたい、: Sub Area Activity Hakodate)とは、海上自衛隊大湊地方隊隷下の基地隊である。本部は北海道函館市大町10-3に所在している。

概要[ソースを編集]

掃海部隊が駐留しており、津軽海峡および宗谷海峡の海峡警備の拠点である。北海道における海上自衛隊の代表的な基地隊であり、アメリカ海軍艦船の寄港も多い。交通の便や、大湊地方隊は北海道との関係がより重要であることから、大湊地方隊創設時に、地方隊総監部を、すでに航路啓開隊があった函館に設置する案があったが[1]、結局、造修所など大日本帝国海軍以来の設備が残る大湊基地が総監部になった。それ以降も、何度か総監部の移転案が浮上しては、青森県むつ市の猛反対により立ち消えという流れを繰り返している。

沿革[ソースを編集]

部隊編成[ソースを編集]

主要幹部[ソースを編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
函館基地隊司令 1等海佐 宅間秀記 2018年08月01日 海上自衛隊補給本部装備計画部長


歴代の函館基地隊司令(特記ない限り1等海佐(一)[2]
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
函館航路啓開隊司令
1 久保 清 1952.8.1 - 1953.9.15 海兵56期 大湊地方総監部防衛部長 1等警備正
函館基地隊司令
1 河野克次 1953.9.16 - 1956.1.15 海機40期 海上幕僚監部技術部付 就任時2等警備正
1955.2.16、1等海佐
2 大場正規 1956.1.16 - 1957.4.4 第4警戒隊司令 第1護衛隊司令
3 松本三郎 1957.4.5 - 1958.3.31 海機42期 海上幕僚監部所属技術研究所派遣 海上幕僚監部技術部航空機課長
4 田中俊二 1958.4.1 - 1960.4.30 海兵62期 第1駆潜隊司令 第3護衛隊司令
5 増瀬忠夫 1960.5.1 - 1961.7.31 第1海上訓練指導隊副長兼指導部長 掃海艦「桑栄」艦長 2等海佐
6 島田喜与三 1961.8.1 - 1964.3.29 海兵62期 横須賀防備隊司令 横須賀教育隊司令
7 相馬清士 1964.3.30 - 1967.7.15 海兵65期 海上自衛隊資料隊司令 自衛隊青森地方連絡部長 就任時2等海佐
1965.7.1、1等海佐
8 星出隆臣 1967.7.16 - 1968.10.14 海兵67期 海上自衛隊第1術科学校教育第2部長 死去・海将補
9 芝山末男 1968.11.1 - 1970.7.15 海兵68期 横須賀地方総監部防衛部長
10 森谷 喬 1970.7.16 - 1972.3.15 海兵70期 横須賀地方総監部管理部総務課長 横須賀地方総監部付
→1973.1.1 退職
11 上村典次 1972.3.16 - 1974.1.15 海兵71期 第21護衛隊司令 東京業務隊付
→1974.5.1 退職
12 中川英二 1974.1.16 - 1975.6.30 海機54期 海上幕僚監部技術部管理課長 呉地方総監部幕僚長
13 宇佐美潔 1975.7.1 - 1978.3.15 海兵74期 海上幕僚監部調査部通信課長 中央通信隊群司令
14 堀井利彦 1978.3.16 - 1979.8.31 海兵75期 第10護衛隊司令 開発指導隊群司令部付
→1979.10.16
第1海上訓練指導隊司令
15 河合恒二 1979.9.1 - 1981.6.30 東京水産大
4期幹候
第1練習隊司令 第1掃海隊群司令
16 中津川秀明 1981.7.1 - 1983.3.29 防大1期 統合幕僚会議事務局第2幕僚室 東京業務隊付
17 小山清和 1983.3.30 - 1984.7.31 名工大
6期幹候
第51護衛隊司令 第1護衛隊群司令
18 三好聞知 1984.8.1 - 1986.7.31 防大1期 舞鶴防備隊司令 第1海上訓練指導隊司令
19 田畑一朗 1986.8.1 - 1988.3.15 防大1期 運用開発隊司令 呉教育隊司令
20 東 司 1988.3.16 - 1989.12.14 防大3期 統合幕僚学校主任教官 横須賀地方総監部付
→1990.3.30 退職
21 稲田秀穂 1989.12.15 - 1991.6.30 海保大5期・
10期幹候
誘導武器教育訓練隊司令 退職・海将補
22 井野和雄 1991.7.1 - 1992.12.14 防大7期 呉地方総監部防衛部長 中央通信隊群司令
23 渡邉秀樹 1992.12.15 - 1994.8.1 防大10期 第1護衛隊司令 防衛研究所教育部長
24 古川俊男 1994.8.2 - 1996.12.1 防大10期 電子業務支援隊司令 海上自衛隊第1術科学校副校長
25 中島隆夫 1996.12.2 - 1998.6.30 防大11期 海上自衛隊幹部候補生学校副校長 退職・海将補
26 竹島信博 1998.7.1 - 1999.8.1 防大12期 海上自衛隊幹部学校研究部
主任研究開発官
海洋業務群司令
27 中山 武 1999.8.2 - 2000.12.7 防大11期 海上自衛隊第2術科学校副校長 退職・海将補
28 元村隆吉 2000.12.8 - 2002.7.31 防大14期 海上自衛隊幹部学校研究部
主任研究開発官
海上自衛隊幹部学校研究部長
29 田口研造 2002.8.1 - 2004.3.31 防大15期 対潜資料隊司令 退職・海将補
30 伊東正樹 2004.4.1 - 2005.6.30 防大17期 横須賀地方総監部防衛部長
31 武田 功 2005.7.1 - 2006.12.5 芝浦工大
26期幹候
海上自衛隊第2術科学校副校長
32 鈴木啓三 2006.12.6 - 2007.12.2 大湊警備隊司令
33 飯尾俊政 2007.12.3 - 2009.8.2 防大21期 海上幕僚監部人事教育部厚生課長 横須賀教育隊司令
34 畑中孝行 2009.8.3 - 2011.7.31 防大22期 海上自衛隊幹部候補生学校副校長 退職・海将補
35 内山哲也 2011.8.1 - 2012.7.31 防大25期 大湊地方総監部防衛部長 海上訓練指導隊群司令
36 五島浩司[3] 2012.8.1 - 2014.8.6 防大25期 第1海上補給隊司令 退職・海将補
37 尾島義貴 2014.8.7 - 2016.3.31 防大27期 海上自衛隊第1術科学校副校長 退職・海将補
38 大久保成彦 2016.4.1 - 2017.3.30 防大28期 情報本部統合情報部長 退職・海将補
39 水上智雄 2017.3.31 - 2018.7.31 専修大
40期幹候
横須賀地方総監部防衛部長 海上自衛隊補給本部装備計画部長
40 宅間秀記 2018.8.1 - 防大30期 海上自衛隊補給本部装備計画部長


脚注[ソースを編集]

  1. ^ 大湊地方隊の歩み 中名生正己 「世界の艦船」1994年9月号 P69-75 株式会社海人社
  2. ^ 自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令
  3. ^ ソマリア沖海賊部隊派遣の第1次隊指揮官

関連項目[ソースを編集]