函館新道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道自動車専用道路(A')
(無料)
函館新道
E5 函館新道
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号バイパス
路線延長 11.1 km
開通年 2000年(一部供用)
2001年(全線供用)
起点 函館IC/JCT函館市
終点 七飯藤城IC亀田郡七飯町
接続する
主な道路
(記法)
E59 函館江差自動車道
函館新外環状道路
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

函館新道(はこだてしんどう)は、北海道函館市から亀田郡七飯町に至る延長20.2キロメートル (km) 、自動車専用道路区間の延長11.0 kmの国道5号バイパス道路北海道縦貫自動車道並行する一般国道自動車専用道路(A'路線)として整備された。七飯藤城インターチェンジ (IC) - 函館IC間は自動車専用道路となっており、函館IC - 七飯本町IC間約6.6 kmが4車線化されている[1]

七飯藤城IC - 七飯本町IC間の通常制限速度は70 km/h。七飯本町IC - 函館IC間の通常制限速度は100 km/h。

高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では「E5」が割り振られている[2]

概要[編集]

道央自動車道と一体となって広域的・地域的交通の役割を担う路線として整備されたが、当面の間は自動車専用道路区間から道央道への接続はしないことになり、2006年(平成18年)に「暫定無料」から「無料」となった。そのため、道央道で札幌・長万部方面へ向かうには七飯藤城ICから一旦一般道路を通り、大沼公園ICから道央道を利用する必要がある。将来的には七飯町仁山の峠下付近に設置される七飯ICからつながる予定である[3]。道路計画としては2007年(平成19年)に国土交通省道路局によって作成された「道路の中期計画(素案)」に七飯藤城 - 七飯間も盛り込まれている[4][5]

函館新道の開通により七飯藤城IC - 函館市中心部への移動時間は10分以上短縮され、国道5号(赤松街道)の渋滞も大幅に減少した。また、新道には側道が併設されており、夜間工事などで本線が通行止となる場合、側道を利用することができ、各インターチェンジとも側道で接続している。この側道も国道5号として管理されてきたが、函館市桔梗町 - 七飯町字桜町(延長約7.7 km)の区間は、2018年(平成30年)4月1日に函館市および七飯町へ移管された[6]

歴史[編集]

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
終点から
の距離
BS 備考 所在地
1 函館IC/JCT E59 函館江差自動車道
函館新外環状道路
国道5号
0.0 11.0 渡島総合振興局 函館市
2 七飯大川IC 道道969号大野大中山線 3.0 8.0 亀田郡七飯町
3 七飯本町IC 道道264号七飯療養所線 6.8 4.2
4 七飯藤城IC 国道5号 11.0 0.0
基本計画区間
- 七飯IC 国道5号
北海道縦貫自動車道E5 道央自動車道)に接続

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
函館IC/JCT - 七飯大川IC 22,127 20,388 23,340
七飯大川IC - 七飯本町IC 19,546 18,052 18,875
七飯本町IC - 七飯藤城IC 14,259 13,079 14,297

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 函館新道 函館-七飯本町IC4車線化へ”. 函館市・道南地域ポータルサイトe-HAKODATE (2013年8月15日). 2014年10月13日閲覧。
  2. ^ 高速道路ナンバリング路線図(国土交通省)
  3. ^ 北海道縦貫自動車道”. 北海道開発局 函館開発建設部. 2014年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月24日閲覧。
  4. ^ 参考3.高規格幹線道路の点検結果の概要 (PDF)”. 道路局. 国土交通省. 2014年10月7日閲覧。
  5. ^ 第3章 高速道路の現状と課題 (PDF)”. 七飯町. 2014年10月7日閲覧。
  6. ^ 国道5号(函館新道)の側道を移管~国管理から函館市及び七飯町管理へ~”. 国土交通省北海道開発局函館開発建設部. 2018年5月18日閲覧。
  7. ^ 函館新道の一部供用開始 (PDF)”. 北の交差点 Vol.7 SPRING-SUMMER 2000. 北海道道路管理技術センター. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。

関連項目[編集]