刀利ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
刀利ダム
刀利ダム
所在地 富山県南砺市刀利
位置 北緯36度28分11秒
東経136度48分22秒
河川 小矢部川水系小矢部川
ダム諸元
ダム型式 アーチ式コンクリートダム
堤高 101.0 m
堤頂長 229.4 m
堤体積 148,000
流域面積 45.9 km²
湛水面積 103.0 ha
総貯水容量 31,400,000 m³
有効貯水容量 23,400,000 m³
利用目的 灌漑
洪水調節
発電
事業主体 農林省(ダム管理は富山県)
電気事業者 富山県企業局
発電所名
(認可出力)
小矢部川第一発電所(12,000kw)
小矢部川第二発電所(11,400kw、下流の太美ダムより取水)
施工業者 間組
着手年/竣工年 1960年/1967年
備考 なし
テンプレートを表示

刀利ダム(とうりダム)は、当時の農林省が直轄事業として富山県南砺市(旧福光町)刀利の小矢部川上流に建設したドーム型アーチ式ダムである。同年代に完成したアーチ式ダムに黒部ダム(富山県)があり、ダム本体施工業者も黒部ダムと同じ間組である。ダム本体に設置されたオレンジ色の通路がアクセントになっている。融雪期などにはダム下部のハウエルバンガーバルブから、迫力のある放流が見られる。

堰堤上には県道金沢湯涌福光線が通じ、そのまま西進すれば湯涌温泉や金沢市内へも行けるが、ダム~湯涌温泉間は狭隘区間であるため冬季閉鎖を余儀なくされる。

歴史[編集]

小矢部川水系は、1952年7月、1953年8月、翌9月と大水害が発生。農林省は、1954年に調査費を計上して多目的ダムの建設に着手した。1955年からは湛水域住民からの反対運動が起こったが、地域住民や松村謙三らの尽力により補償協議が行われ、下刀利、刀利、滝谷の3集落72世帯169人の移転が行われた。ダム建設は1961年開始、下流の頭首工灌漑施設は、1965年から建設が行われている。1967年には満水位となり完成式典が行われた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 福光町『合併五十周年記念誌 福光町の歩み』福光町役場企画情報課、2002年、p24-26,72。