分極電荷密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

分極電荷密度(ぶんきょくでんかみつど、polarization charge density または bound charge density)は、誘電分極によって誘電体に発生する電荷分極電荷)の密度のこと。 分極電荷の体積密度は、分極P誘電分極または電気分極)の発散に-1を乗じて得られる。誘電体の表面の 分極電荷の面積密度は、分極Pの表面法線成分に等しい。



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
YOU (タレント) 角田光代 駿河太郎 ファンキー加藤 乳房縛り 堤礼実 紗栄子 大坂なおみ 大江香織 赤江珠緒 松井くらら 山本徳郁 飯岡かなこ 安室奈美恵 水森かおり かしまし娘 佐藤健 (俳優) 宮澤エマ パラシュート部隊 (お笑いコンビ) 久代萌美
「分極電荷密度」のQ&A
1  分極電荷密度について
2  誘電体球の分極電荷密度について
3  導体表面の電界
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について