分極電荷密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

分極電荷密度(ぶんきょくでんかみつど、polarization charge density または bound charge density)は、誘電分極によって誘電体に発生する電荷分極電荷)の密度のこと。 分極電荷の体積密度は、分極P誘電分極または電気分極)の発散に-1を乗じて得られる。誘電体の表面の 分極電荷の面積密度は、分極Pの表面法線成分に等しい。



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
角川博 清水昭博 杉浦太陽 梅宮辰夫 榮倉奈々 仮面ライダービルド BUCK-TICK 折原ゆかり 神谷えりな 本庄優花 野々宮ミカ 花田優一 坂下麻衣 しゅんしゅんクリニックP 古市憲寿 川村虹花 石橋杏奈 松井絵里奈 小野みゆき 亜急性硬化性全脳炎
「分極電荷密度」のQ&A
1  分極電荷密度について
2  誘電体球の分極電荷密度について
3  外半a[m]の十分長い円柱導体と内半径b[m…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について