分極電荷密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

分極電荷密度(ぶんきょくでんかみつど、polarization charge density または bound charge density)は、誘電分極によって誘電体に発生する電荷分極電荷)の密度のこと。 分極電荷の体積密度は、分極P誘電分極または電気分極)の発散に-1を乗じて得られる。誘電体の表面の 分極電荷の面積密度は、分極Pの表面法線成分に等しい。



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
温水洋一 山下リオ 大塚千弘 主要部 津田寛治 山口俊 形容詞句 秋篠宮佳子 黒澤優 鈴木浩介 (俳優) 西川史子 松岡充 坂口杏里 木南晴夏 手越祐也 谷岡慎一 田中美里 2018 FIFAワールドカップ・予選 松坂大輔 村川絵梨
「分極電荷密度」のQ&A
1  分極電荷密度について
2  誘電体球の分極電荷密度について
3  導体表面の電界
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について