放水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
砂丘を開削し日本海へ注ぐ関屋分水。画像奥は信濃川

放水路(ほうすいろ、: flood bypass)とは、河川からの溢水による洪水を防ぐため、河川の途中に新しい川を分岐して掘り、や他の河川などに放流する人工水路のことをいう。分水路と呼ばれることもある。道路におけるバイパスに相当する機能を持つ。

日本の放水路には例えば新北上川(北上川の放水路)、大河津分水信濃川の放水路)、荒川隅田川の放水路)、新淀川太田川放水路太田川の放水路)などがある。

洪水対策は他にも、河道改修、ダム遊水地などがある。放水路は、以前は盛んに建設されたが、下流に作られることが多く住宅の移転に莫大な時間と費用が掛かり、コストパフォーマンスが結果的に優れないこともあり、現在日本の平野部では造られることはほとんどなくなった。また、千歳川放水路のように、環境保護の面から建設が断念された例もある。

近年では首都圏外郭放水路のように、地下に大規模なトンネルを建設しそこに放水するタイプの地下放水路があり、大都市の中小河川治水対策に応用されている。

日本の放水路・分水路[編集]

弥彦山山麓を切通し信濃川日本海をつなぐバイパス放水路大河津分水
写真中央河北潟石川県)と日本海をつなぐ河北潟放水路
地下放水路の例(小野川放水路・上部は都市計画道路として利用)

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

  • 土淵川放水路(青森県[1]
  • 新田名部川(青森県むつ市田名部川をバイパスして陸奥湾へ注ぐ)
  • 小川放水路(青森県むつ市。小川と田名部川の合流をバイパスすることで田名部地区の洪水を防いでいる。)
  • 浅水川放水路(青森県八戸市
  • 土橋川放水路(青森県八戸市)
  • 新北上川(現在の北上川本川)(宮城県)
  • 仙台川放水路(梅田川より仙台川へ放水。宮城県)
  • 川内沢川放水路(宮城県)[2]
  • 雄物川放水路(秋田県)[3]
  • 赤川放水路(山形県。日本海に通じる放水路。最上川に合流していた旧赤川本川は後に閉鎖)

関東地方[編集]

計画したものの建設を中止した放水路

北陸地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州地方[編集]

台湾の放水路[編集]

アメリカ合衆国の放水路[編集]

出典[編集]

  1. ^ 青森県の主な放水路 - 青森県庁ホームページ” (日本語). 青森県庁. 2021年3月19日閲覧。
  2. ^ 復興へ頑張ろう!宮城 仙台土木復旧・復興のあゆみ Vol.18 (PDF)” (日本語). 宮城県. p. 1 (2015年7月3日). 2021年3月23日閲覧。
  3. ^ 雄物川放水路通水70周年” (日本語). 国土交通省東北地方整備局 秋田河川国道事務所 調査第一課 (2008年). 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ 柿川放水路” (日本語). 長岡市役所 (2020年2月21日). 2021年3月19日閲覧。
  5. ^ 【小千谷】表沢川放水路が完成しました - 新潟県ホームページ” (日本語). 新潟県庁 (2020年3月25日). 2021年3月17日閲覧。

関連項目[編集]