分部嘉治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
分部嘉治
時代 江戸時代前期
生誕 寛永4年9月11日1627年10月19日
死没 明暦4年7月10日1658年8月8日
改名 徳千代(幼名)、嘉治
別名 光郷、与三兵衛
戒名 永泰院殿竜谷慈雲大居士
墓所 滋賀県高島市大溝の円光寺
官位 従五位下伊賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
近江大溝藩
氏族 分部氏
父母 分部光信酒井重忠
兄弟 嘉治大関高増正室ら
池田長常次女
嘉高、性善院
テンプレートを表示

分部 嘉治(わけべ よしはる)は、江戸時代前期の大名近江国大溝藩2代藩主。分部家3代。官位従五位下伊賀守

略歴[編集]

寛永4年(1627年)、初代藩主・分部光信の三男として誕生。三男であったが、兄二人が早世したために世嗣となり、寛永20年(1643年)の父の死去により跡を継いだ。

明暦4年(1658年)7月9日深夜、妻の叔父で、当時は京都で浪人していた池田長重と対談中に口論となって刃傷沙汰に及び、長重は即死し、嘉治も翌日に傷が元で命を落とした。享年32。

跡を長男・嘉高が継いだ。

系譜[編集]