刈谷市体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
刈谷市体育館
Kariya City Gymnasium ac.jpg
施設情報
用途 屋内スポーツ
設計者 竹中工務店
建築主 刈谷市
構造形式 鉄筋コンクリート(鉄骨)造
敷地面積 19,591m²
階数 3階
竣工 1969年10月
所在地 448-0838
愛知県刈谷市逢妻町4丁目32番地
位置 北緯34度59分26.82秒 東経136度59分5.9秒 / 北緯34.9907833度 東経136.984972度 / 34.9907833; 136.984972座標: 北緯34度59分26.82秒 東経136度59分5.9秒 / 北緯34.9907833度 東経136.984972度 / 34.9907833; 136.984972

刈谷市体育館(かりやしたいいくかん)は、愛知県刈谷市逢妻町にある体育館刈谷球場などがある亀城公園の北側に隣接している。

歴史[編集]

1959年(昭和34年)に刈谷市体育協会が創立されてから10年後の1969年(昭和44年)10月、愛知県屈指のデザインと延床面積(8,271m2)を持つ体育館として刈谷市体育館が建設された[1]。固定座席1,406席の観客席やロビー、弓道場・エアーライフル場なども備え、地方都市としては当時最高クラスの設備だった[2]。近隣には1950年(昭和25年)に開場した刈谷球場などもあり、市中部の亀城公園付近は刈谷市のスポーツにおける拠点となった。1993年には市北部の築地町刈谷市総合運動公園が完成。第3種公認陸上競技場ウェーブスタジアム刈谷、サッカーなどに使用するサブグラウンドを備え、亀城公園と並ぶ第2の拠点となった。1994年(平成6年)に愛知県で開催された第49回国民体育大会(わかしゃち国体)の際には、刈谷市体育館で相撲競技、総合運動公園などでサッカー競技が開催された[3]。2007年(平成19年)には総合運動公園内にウィングアリーナ刈谷(体育館)が開場したが、2008年(平成20年)には刈谷市体育館に柔道場(2面)・剣道場(2面)・弓道場(10人立)を備えた武道館が併設され[4]、ふたつの体育館の共存が図られている。

ウィングアリーナ刈谷との比較[編集]

刈谷市体育館に隣接する武道場
刈谷市体育館 ウィングアリーナ刈谷
画像 Kariya City Gymnasium ac.jpg Wing Arena Kariya 2019-05 ac (1).jpg
竣工年 1969年(昭和44年) 2007年(平成19年)
場所 亀城公園に隣接 刈谷市総合運動公園
メインアリーナ 床面積1,829m2 床面積2,000m2
2,376人収容
サブアリーナ なし 床面積1,184 m2
その他設備 卓球場
エアーライフル場(3射座)
トレーニングルーム
武道館が隣接[5]
プール、
卓球場、
フィットネススタジオなど[6]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『創立50周年記念誌 50年の歩み』刈谷市体育協会、2009年、18頁
  2. ^ 刈谷市史編纂委員会『刈谷市史 第5巻』刈谷市、369頁
  3. ^ 『創立50周年記念誌 50年の歩み』刈谷市体育協会、2009年、18-19頁
  4. ^ 刈谷市体育館(武道施設)東芝ライテック
  5. ^ 刈谷市体育館刈谷市
  6. ^ 刈谷市総合運動公園刈谷市総合運動公園