刈谷市総合運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
刈谷市総合運動公園
KARIYA-CITY GENERAL ATHLETIC PARK
WaveStudium-Kariya 20130224.jpg
刈谷市総合運動公園の位置(愛知県内)
刈谷市総合運動公園
分類 運動公園[1]
所在地
愛知県刈谷市築地町荒田1番地
座標 北緯35度1分6.52秒 東経137度0分35.55秒 / 北緯35.0184778度 東経137.0098750度 / 35.0184778; 137.0098750座標: 北緯35度1分6.52秒 東経137度0分35.55秒 / 北緯35.0184778度 東経137.0098750度 / 35.0184778; 137.0098750
面積 18.4ha
開園 1994年(平成6年)10月1日[1]
設備・遊具 多目的グラウンド、サブグラウンド、会議室
駐車場 565台
公式サイト 刈谷市総合運動公園
テンプレートを表示

刈谷市総合運動公園(かりやしそうごううんどうこうえん)は、愛知県刈谷市築地町にある公園である。分類は運動公園。総合体育館「ウィングアリーナ刈谷」、サッカー陸上競技などができる多目的グラウンド「ウェーブスタジアム刈谷」、人工芝1面、天然芝1面のサッカー専用のグラウンド「グリーングラウンド刈谷」の3施設からなる総合運動公園である。

北側には逢妻川が流れている。東側には国道23号が通っている。園内への入場は無料だが、グラウンドなどの施設の利用は有料。休館日は水曜日と年末年始。

歴史[編集]

かつてはここに築地古墳があったが、大正時代の耕地整理によって取り壊された。今は後に建てられた石の看板が園内に残っている。

1994年(平成6年)10月1日に刈谷市総合運動公園がオープンした。1990年代後半、この地に収容人数5万人規模のサッカースタジアムを建設する計画があった。刈谷市は2002年(平成14年)の日韓ワールドカップ開催地に名乗りを上げ、同時期にサッカースタジアム建設計画のあった豊田市と愛知県の推薦を求めて争ったが、落選したことでスタジアム建設計画も頓挫した。なお、愛知県の推薦を得た豊田スタジアムも、結局日韓ワールドカップの開催地には選ばれなかった。

施設[編集]

イベント[編集]

基本情報[編集]

所在地[編集]

交通手段[編集]

自動車

  • 国道23号知立バイパス
    • 名古屋方面からは一ツ木インターチェンジ下車
    • 安城方面からは上重原インターチェンジ下車。

鉄道

バス

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 冊子「刈谷の公園」 (PDF)”. 刈谷市. 2017年2月26日閲覧。