刈谷田川ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
刈谷田川ダム
Kariyada-Gawa Dam (刈谷田川ダム) - panoramio.jpg
左岸所在地 新潟県長岡市栃堀
位置
河川 信濃川水系刈谷田川
ダム諸元
ダム型式 直線重力式コンクリートダム[1]
堤高 83.5[1] m
堤頂長 202.5[1] m
堤体積 214,000[1]
流域面積 24.0[1] km²
湛水面積 23[1] ha
総貯水容量 4,450,000[1]
有効貯水容量 4,150,000[1]
利用目的 洪水調節上水道工業用水発電[1]
事業主体 新潟県
発電所名
(認可出力)
刈谷田発電所
施工業者 佐藤工業フジタ東急建設
着手年/竣工年 1968年/1980年
テンプレートを表示

刈谷田川ダム(かりやたがわダム)は新潟県長岡市北東部、信濃川水系刈谷田川に建設されたダムである。1980年に完成した。

概要[編集]

高さ83.5メートル重力式コンクリートダムである。

沿革[編集]

1961年昭和36年)8月の集中豪雨により刈谷田川沿川が大きな被害を受けたため河川改修基本計画が立てられたが、1964年(昭和39年)7月の集中豪雨にで再び被害を受けたことによりそれが改定され、その結果、当ダムを建設し洪水調節を行うこととなった[1]。また、刈谷田川から取水している長岡市栃尾地域の水道用水や工業用水について、渇水による必要量を確保する必要性があることから、「上水道用水」「工業用水」の目的も含めた持った多目的ダムとして建設されることになり、1980年(昭和55年)に完了して管理が開始された[1]。その後、刈谷田発電所が計画され、1990年平成2年)10月より運転開始した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 刈谷田川ダム概要 - 新潟県 長岡地域振興局地域整備部.2019年1月17日閲覧。

関連項目[編集]