列子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

列子(れっし)は、中国戦国時代諸子百家の一人列禦寇(れつぎょこう)の尊称。または、その列禦寇の著書とされる道家の文献を指す。後世の道教では『冲虚至徳真経』ともいう。

列禦寇[編集]

列禦寇は、『荘子』などの先秦の書物に度々登場するが、『史記』には伝記がなく、実在を疑う向きもある。

の圃田(現在の河南省鄭州市)の出身とされる。同市には列禦寇をまつる墓(列子祠)がある[1]

『列子』[編集]

多くの寓言や伝説により、道家的思想を伝える。なかでも湯問篇には、現代でいうロボットのようなものが登場する(偃師造人)。

漢書芸文志には『列子』8巻が見える。現行本も8巻8篇(「天瑞」「黄帝」「周穆王」「仲尼」「湯問」「力命」「楊朱」「説符」)からなる。『荘子』等の内容を引くなど、古来より単独の著者により記述されたものではないと見られている。現存の8巻には仏教思想も含まれており、この部分はのちに混入されたともいう。現行本は代以降に成立した偽書であるとの説も根強い。

20世紀末以降、疑古批判の風潮のなかで、偽書説を否定する説も出されるようになったが、定説にはなっていない[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 列子故里雨中行-中新网”. www.chinanews.com. 中国新聞網. 2020年12月3日閲覧。
  2. ^ 裘, 錫圭中国古典学の再構築にあたり 注意すべき問題について」『古典学の再構築』第7号、2000年、 20頁。

刊行書誌[編集]

  • 『列子 上』小林勝人訳注、岩波書店岩波文庫〉、1987年(昭和62年)1月。ISBN 4-00-332091-3。
  • 『列子 下』小林勝人訳注、岩波書店〈岩波文庫〉、1987年(昭和62年)4月。ISBN 4-00-332092-1。全訳注
  • 『列子 1』福永光司訳注、平凡社東洋文庫 533〉、1991年(平成3年)5月。ISBN 4-582-80533-7。
  • 『列子 2』福永光司訳注、平凡社〈東洋文庫 534〉、1991年(平成3年)6月。ISBN 4-582-80534-5。
    ※初刊は中国古典文学大系 4』福永光司訳注、平凡社、1973年(昭和48年)。
  • 『列子 1』福永光司訳注、平凡社〈ワイド版東洋文庫 533〉、2008年(平成20年)9月。ISBN 978-4-256-80533-6。
  • 『列子 2』福永光司訳注、平凡社〈ワイド版東洋文庫 534〉、2008年(平成20年)9月。ISBN 978-4-256-80534-3。
  • 『列子』小林信明訳注、明治書院新釈漢文大系 22〉、1987年(昭和62年)12月。ISBN 4-625-57022-0。詳細な全訳。
  • 『列子』小林信明訳注、明治書院〈新書漢文大系 24〉、2004年(平成16年)6月。ISBN 4-625-66333-4。西林真紀子編、新書判
  • 『列子』穴沢辰雄訳注、明徳出版社〈中国古典新書〉、1984年(昭和59年)。ISBN 4-89619-228-1。
  • 『老子・列子』奥平卓訳注、徳間書店〈中国の思想 6〉、1996年(平成8年)6月。ISBN 4-19-860498-3。
  • 『全訳 列子』田中佩刀訳著、明徳出版社、2018年(平成30年)9月。ISBN 4-89619-859-X。

『列子』が出典である故事成語[編集]

関連項目[編集]