初富稲荷神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
初富稲荷神社
Hatsutomi-Inari-Jinja.jpg
拝殿
所在地 千葉県鎌ケ谷市初富本町1-515
位置 北緯35度46分25.25秒
東経139度59分57.17秒
主祭神 宇迦之御魂神 佐田彦大神 大宮能売大神 田中大神 四之大神
創建 明治2年(1869年
本殿の様式 流造
例祭 10月25日
テンプレートを表示

初富稲荷神社(はつとみいなりじんじゃ)は、千葉県鎌ケ谷市初富本町にある神社である。 初富の鎮守様として知られている。

祭神[編集]

由緒[編集]

明治初期の旧幕府の武士による初富地区の開拓が始まり、ご守護と繁栄を願うため、伏見稲荷大社より御分神を遷奉したのが始まりである。 地名:”初富”の総鎮守として知られるようになった。

祭事・年中行事[編集]

境内社[編集]

古峯神社 天満宮

交通[編集]