初恋 夏の記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初恋 夏の記憶
監督 野伏翔
脚本 宇治田隆史
原作 イワン・ツルゲーネフ
初恋
製作 野伏翔
築地米三郎
出演者 多岐川華子
山田健太
石黒賢
音楽 小坂明子
撮影 渡辺厚人
製作会社 夜想会シネマプロジェクト
配給 夜想会シネマプロジェクト
公開 2009年3月28日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

初恋 夏の記憶』(はつこい なつのきおく)は、イワン・ツルゲーネフの小説『初恋』を現代日本を舞台に翻案した日本映画2009年3月28日公開。

あらすじ[編集]

15歳の穂波佑介(山田健太)は、病弱の母・美永子(石村とも子)の療養のため、父・軍司(石黒賢)とともに美しい山間の町に引っ越して来た。その町で父親の経営するペンションの手伝いをしていた佑介は、両親を亡くして継母・文(あや・麻生祐未)と暮らしている18歳の少女・成島梨生(りお・多岐川華子)と出会う。自由奔放な梨生に振り回されつつも、佑介は次第に梨生に惹かれて行くが…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]