初瀬龍平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

初瀬 龍平(はつせ りゅうへい、1937年6月1日[1] - )は、日本の政治学者京都女子大学法学部客員教授、神戸大学名誉教授。専門は、国際関係論

兵庫県神戸市生まれ。1960年東京大学教養学部卒業、1968年同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。1983年神戸大学より法学博士の学位を取得。北九州大学法学部助教授(1973-1980年)、神戸大学法学部教授(1980-2001年)を経て現職。1995年から1997年の間、日本平和学会会長も務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『伝統的右翼内田良平の研究』(九州大学出版会, 1980年)
  • 『国際政治学――理論の射程』(同文舘出版, 1993年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『内なる国際化』(三嶺書房, 1985年)
  • 『エスニシティと多文化主義』(同文舘出版, 1996年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • F・パーキンソン『国際関係の思想』(岩波書店, 1991年)
  • A・ギャンブル『現代政治思想の原点――自由主義・民主主義・社会主義』(三嶺書房, 1992年)
  • R・A・スカラピーノ『アジアの政治発展』(三嶺書房, 1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337