判補

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

判補(はんぽ)とは、律令制における補任の1つ。勅任奏任判任の下位に置かれており、主に雑任を補任する際に用いられる。

式部省もしくは兵部省が選考して太政官が任命するが、実質的な任命権限は省にあり、更に選考には補任される官職が属する官司の意向も考慮されてと考えられている。

対象になるのは、舎人・史生・使部・伴部・帳内・資人など無位もしくは初位相当の分番官である。

参考文献

  • 虎尾達哉「判補」(『国史大辞典 11』(吉川弘文館、1990年) ISBN 978-4-642-00511-1)

今日は何の日(9月20日

もっと見る

「判補」のQ&A