別府ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
別府ロープウェイ高原駅
別府ロープウェイ山上駅
別府ロープウェイのゴンドラ

別府ロープウェイ(べっぷロープウェイ)は、大分県別府市にある鶴見岳(標高1,374.5m)の山麓と山上を結ぶ索道である。近鉄グループ別府ロープウェイ株式会社が運行している。

概要[編集]

鶴見岳の山腹に設けられた別府高原駅(標高503m)と、山頂付近に設けられた鶴見山上駅(標高約1,300m)を101人乗りの大型ゴンドラにより約10分で結んでいる。ゴンドラはゆふ号とつるみ号の2台で、20分おき(繁忙期には15分おき)に両駅間を往復運転する。

この101人乗りのゴンドラは、西日本で最大級。また車内から別府湾、快晴の日には四国やくじゅう連山などが見渡せる。

山上駅2階には、鶴見岳の冬の名物である霧氷を一年中観察ができる人工霧氷展示装置が展示されていたが、2010年12月に展示を終了した。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):1,816m
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 高低差:792.5m

営業[編集]

  • 営業時間
    • 9:00 - 17:00(12月及び1月は16:30まで、ゴールデンウィークや夏季には21:00までの夜間営業あり)
    • 年中無休
  • 運賃(いずれも往復運賃)
    • 一般大人(中学生以上) - 1600円
    • 一般小人(4歳以上) - 800円

アクセス[編集]

別府ロープウェイ株式会社[編集]

別府ロープウェイ株式会社(べっぷロープウェイ)は、大分県別府市大字南立石に本社を置く近鉄グループの企業。

別府ロープウェイの運行を中心に、別府ロープウェイ高原駅付近にある山野草館や、九州焼酎館の経営も行っている。水分峠の水分峠レストハウスは、2009年5月末で閉鎖した。