別所信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
別所信号場
周辺概略図(新幹線は埼京線と平行しているため省略)
周辺概略図(新幹線は埼京線と平行しているため省略)
べっしょ
Bessho
所在地 埼玉県さいたま市南区1丁目
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ヘシ
駅構造 高架
ホーム デルタ線、3線
開業年月日 1973年昭和48年)4月1日
乗入路線
所属路線 武蔵野線(大宮支線)
キロ程 1.3km(西浦和起点)
西浦和 (1.3km)
(3.6km) 与野
所属路線 武蔵野線(西浦和支線)
キロ程 1.6 (*)km(武蔵浦和起点)
武蔵浦和 (1.6 (*)km)
(3.6km) 与野
武蔵浦和方面は、現在は営業キロが設定されていない。上に記した「1.6km」は、営業キロが設定されていた国鉄時代のもの。田島信号場電報略号マタ(武蔵浦和駅構内扱い)が武蔵野線の合流点。
テンプレートを表示

別所信号場(べっしょしんごうじょう)は、埼玉県さいたま市南区1丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線(貨物支線・西浦和 - 与野)の信号場である。

歴史[編集]

構造[編集]

西浦和駅より与野駅方向に約1.3kmにある武蔵野線大宮支線の信号場。西浦和駅方より武蔵浦和駅からの短絡線(西浦和支線)が合流する。周辺概略図の通り、本信号場は「複線分岐型」の信号場である。本信号場と西浦和駅・武蔵浦和駅の分岐により、デルタ線(三角線)が形成されている。

線路は信号場北にあるトンネル入口まで高架となっている。武蔵浦和からの線路は西浦和から大宮方向へ向かう線路と立体交差になっており、合流時に反対方向の列車を支障する事はない。西浦和・武蔵浦和方分岐点は中浦和駅の南側、与野方合流点は中浦和駅の北側にある。

分岐器(ポイント)の操作は、全て西浦和駅が行っている。

周辺[編集]

埼京線中浦和駅の直下に設置されている。順序としては当信号場の直上に中浦和駅が建設されたことになる。

営業キロについて[編集]

大宮支線のみ営業キロが記載されており、西浦和支線に関しては1987年(昭和62年)4月1日をもって営業キロのみが廃止されている。国鉄分割民営化前に販売された鉄道雑誌等には田島信号場(現在の武蔵浦和駅構内扱い)からの営業キロが記載されており、終点も与野駅ではなく大宮操駅(現・大宮操車場)である。

隣の施設[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
武蔵野線(大宮支線)
西浦和駅 - 別所信号場 - 与野駅
武蔵野線(短絡線・西浦和支線)
武蔵浦和駅 - 別所信号場 - 与野駅
西浦和方分岐点 与野方合流点
西浦和方分岐点
与野方合流点