別所守治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

別所 守治(べっしょ もりはる、生年不明 - 元禄10年4月29日1697年6月17日))は、江戸時代旗本但馬国八木藩の嫡子だった。別所吉治の長男。初名は友治。通称は軍平、大蔵。養子に別所頼治がいる。

父の吉治は初め豊臣秀吉に仕えた武将で、文禄の役伏見城築城などに当たった。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属したが所領は安堵され、慶長20年(1615年)の大坂の陣の戦功により丹波国内に5000石を加増されて石高は2万石となるが、寛永5年(1628年)に仮病で参勤を怠ったことなどから、改易された。

守治も父に連座したが、慶安元年(1648年)に赦免され、のち1000俵を与えられた。延宝2年(1674年)に致仕し、家督を養子の頼治に譲る。元禄10年(1697年)死去。法名は貞洽。墓所は東京都世田谷区の極楽寺(当時は浅草に所在)。

子孫は700石の旗本として存続している。