別所純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

別所 純子(べっしょ じゅんこ、旧姓:出光)は、日本フィギュアスケート選手(アイスダンス)。パートナーは夫の別所敬之

1964年全日本フィギュアスケート選手権優勝。父は出光興産創始者の出光佐三。

経歴[編集]

1959年別所敬之とカップルを組み、全日本選手権に出場し金子恵以子/竹内己喜男組に次いで2位に入る。

1960年、全日本選手権で2年連続で2位となる。その後、パートナーの別所敬之と結婚し、1963年の全日本選手権で再び2位に入る。1964年、全日本選手権で優勝を果たし、アイスダンスでは歴代2組目のチャンピオンとなる[1]

引退後は日本代表のアイスダンス選手の佐藤紀子/高橋忠之組、渡辺心/木戸章之組らを経済的に支援した[2] [3]。。

主な戦績[編集]

大会/年 1959-60 1960-61 1963-64 1964-65
全日本選手権 2 2 2 1

脚注[編集]

  1. ^ 日本スケート連盟 フィギュア歴代記録 アイスダンス
  2. ^ アイスダンスの灯消すな…黎明期の名選手、私費で支援”. 2005年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月26日閲覧。2005/2/22 読売新聞
  3. ^ アイスダンスの灯ともしたパトロン、出光純子さん”. 2019年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月26日閲覧。2019/12/26 時事ドットコム